100円ショップの材料を使ってのスイーツデコやレジン作品を紹介

2017/01/18(水)11:36
毎年、冬と夏の1回づつに、シリコンモールドのわけあり品のセールを行ってきましたが、今年もやります。

今回は、昨年の7月に発売した【カップ&マカロン】【絞り出しクッキー】のモールドが多数出ます。

また、12月にリニューアルした【ツヤありいちご】もいくつか出ます。

わけあり品セールを開始したら、またブログでご報告させていただきます。


さて【カップ&マカロン】【絞り出しクッキー】のモールドは、粘土などで使うので、1個もっているだけでもいいのですが、
キャンドルやソープを作る時は、たくさんあるととても便利です!(*^。^*)

キャンドル作りもやってみたいな・・・という方は、わけあり品セールのチャンスをお見逃しなく!


ということで、今日は、前に、マカロンとカップケーキのキャンドルを作った時の作業工程を紹介したいと思います。
なんちゃっての作り方で、遊びで作った時のものなので、適当で申し訳ないのですが・・・(^_^;)

簡単に出来て、とても可愛いので、作っていてとっても楽しかったです(*^。^*)

******************************

マカロンキャンドルの作り方

材料は100円ショップで買いました。
IMG_0529.jpg
ちなみに・・・
左上の円柱のグラデーションのキャンドルは、ここにマカロンをくっつけたら素敵になるかな?と思って買ってみただけのものです。
マカロンタワーとか出来ないかな?って。
でも、マカロンをあててみたら、なんか想像していたのと違って、作るのやめました(笑)

私がキャンドルを作った時の工程紹介します(*^。^*)

まずは・・・
ろうそくをポキポキ折って小さくし、中の芯を取り出しました。
この芯はあとで、再利用♪
IMG_0531.jpg

次に、空き缶にろうそくと、好きな色のクレヨンを削っていれて・・・
IMG_0530.jpg

IMG_0532.jpg

使わなくなったお鍋に水をいれ沸騰させた中に、カンを入れてろうそくを溶かしました。
IMG_0534.jpg

IMG_0537.jpg

溶けたら、キャンドルコーナーで売っていたベリー系の香りエッセンスを入れました。
(香りがあった方が、素敵かなぁ~って(*^。^*))
IMG_0538.jpg

溶けたろうそくをシリコンモールドに入れて・・・
IMG_0540.jpg

ろうそくが冷めて、完全に固まったらシリコンモールドから取り出します。
でも・・・固まったかなぁ~?ってちょっとさわったら、ぐちゃぐちゃになったという失敗あり。
ちゃんと固まってから取り出さないとダメです・・・(>_<)
冷凍庫とかに入れたら、早く固まりました。
(たくさん作りたい時は冷凍庫インはおススメ♪モールドの回転率を上げることができます)
IMG_0541.jpg

カンの中に残ったろうそくですが、固まり始めたものを集めて、PPモールドに詰めたら、カップケーキの上に飾るトッピングパーツを作ることが出来ました。これもおススメ♪
IMG_0543.jpg

モールドから外したマカロンに溶かしたろうそくを垂らし、2枚をくっつけたら完成
IMG_0544.jpg
でも・・・これがけっこう難しい・・・。
ちゃんと溶けたろうそくでないと、くっつかない(>_<)
かなり高熱でないと、くっつかない・・・
作ったパーツを上手くくっつけるのが今後の課題だなぁ~という感じでした。

グルーガンの先っぽとか使っちゃおうかな?とか考えたりしたくらい・・・。
IMG_0546.jpg

キャンドルにしないでこのまま飾っても可愛い(*^。^*)
でもせっかくなので、ちゃんとにキャンドルにするために、芯のとりつけにもチャレンジしてみました。

まず、ハンドドリル(100円ショップダイソーで売っている)マカロンの中心に穴をあけ・・・
IMG_0547.jpg

最初にとっておいたろうそくの芯を穴に差し込みました。
IMG_0548.jpg

これで、マカロンキャンドルの完成!

カップケーキやクリームサンドタイプのマカロンも基本的には作り方は一緒です。
IMG_0555.jpg

ただ、先ほども記載したように、パーツ同士をくっつけるのがちょっと難しかったなぁ~
(私の知識不足と、不器用さが原因なだけだけど・・・)

ちなみにカップケーキのケーキ部分は、黄土色に着色した固まりかけのろうそくをこねて、カップの上に乗せたりしてました。
粘土感覚です。でもなぁ~クオリティがいまいちで、まだ納得いかず・・・
きっといい方法があるはず・・・。
これも今後の課題だなぁ~
キャンドル作りに慣れていらっしゃる方は、きっとこのシリコンモールドを使って、素敵な作品を作れると思います(*^。^*)

以上、マカロンキャンドルの作り方でした。

このように、モールドが数あると、キャンドル作りも効率よくできるので、わけあり品セール、おみのがしなく!
※わけあり品セールは非常に人気の為、すぐに売り切れてしまいます・・・
  ご了承ください・・・。


******************************

さて、続きまして、もう一個おまけ情報

これも、なんてことはない情報なんですけど・・・(^_^;)

昨年、料理手芸クラブ用に、マカロンのサンプルを作っていた時、余った粘土があって、もったいないからカップのモールドに入れてカップを作ったのですが・・・

ちょっと粘土が足りなくて、足りないから中心を少しへこませました。
mac07.jpg

そのへこんだカップになにげなくマカロンを乗せてみたら、いい感じにフィットして、アレ?なんかいいかも?って思いました。
mac30.jpg


いろいろ想像が膨らんできて・・・(*^。^*)
余った粘土はブラウンだけだったけど、色を変えて土台カップを作ったら、いろいろなテーマの作品を作れるんじゃないかな?って。


mac31.jpg


例えば・・・
カップは、チョコという事にして、色はホワイトチョコに変えてみたりして、マカロンの間に大きめのパールを挟み、貝にみたてたマカロンの題名はマーメイド・・・とか・・・(笑)


あとは、サボテンとか・・・
mac32.jpg

ただシンプルにひとくちチョコにおいしそうなマカロンが乗っているという設定でもいいかも・・・
mac30.jpg
mac34.jpg

想像を膨らませて、いろいろ作ってみるのは楽しいな・・・と思いました。

自分の頭の中のイメージを質感と色で表現していくのって楽しいです(*^。^*)

******************************

前の記事でも紹介しましたが、4月より、JPAでスイーツクラフト講師認定講座の講師をやります。

只今、1期生を募集しているのですが、この講座では、イメージを形にするために必要な知識を伝えていけたらと思っています。

例えば・・・
ポップでカラフルな色の作品を作りたい・・・と思っても、鮮やかな色を出せる粘土で作らなければ、鮮やかな色は出せません。
また鮮やかな色をだせる絵具を選ばなければ、その色を出すことは出来ません。

また、出したい質感があっても、それを表現できる材料を使わなければ、その質感を出すのは難しいです。

素敵な作品を作る上で、大切な基本は・・・

なんといっても、素材を見極めるということです。

ネットでは、たくさんの情報を入手することが出来ます。

でも、私のブログも含め、その情報が必ずしも正しいとは言えません。

やはり、自分で経験して得た技術や知識を頼ることも大切です。

この作り方がいいって言っていたから・・・とか、この粘土がいいって言っていたからそれで作る・・・だけではなくて、素材の特性を体験を通して理解することで、応用力が身につき、膨らんだ想像力を表現することが出来、作品作りが楽しくなると思っています。

そんなことから、私は講座で、応用力につながる基礎をしっかり伝えていけたらと思っています。

自分で作り方を考える力が身につくように出来たらいいなと思いました。

また、イメージを形に出来る力がつくように出来たらいいな・・・と思いました。

講座製作を通し、私も今猛勉強中です(笑)

今までの実験や感覚でやってきたことの裏付け作業や、感覚ではなく理論で理解出来るように頑張っています。
(春に開校だから、本の締切なみに焦っています・・・)

一生懸命考えて、講座のカリキュラム作りを行っています。




ちなみに・・・

講座を始めるからと言って、今後、ブログで情報をアップしないとか、お問い合わせにお答えしない・・・なんてことはないです。
時間の許す限りで、アップしていけたらと思っていますし、お問い合わせにもお答えしていくつもりです。

その点については、協会もOKして下さっています。

ただ、ショップ、講師、講座製作、新作の型作り、WEB製作など、やることがたくさんありすぎて、なかなかブログに記事をアップできなかったりします・・・。

その点はご了承いただけたら幸いです。


私は、今は、対面で誰かに教えたりということが、なかなかできないのですが、私の代わりに、JPAクラフトスイーツ認定講師になった方が、それぞれの地域で、私の代わりに素敵な講座をやっていただけたら嬉しいなぁ~なんて思っています。


JPAクラフトスイーツ講師認定講座
(カラー・クラフトワークセラピスト®(色彩工芸作業療法士)取得コラボパック)


第1期生募集中です。締め切りは3月1日までだそうです。

こちらの講座は、全10回(10ヶ月)でWEB動画配信となっております。
自分のペースで講座を受けていくことが出来ます。
また、モールドを利用するので、初心者の方でも、無理なく作品作りを進めることが出来ます。

お仕事や、育児などでお忙しい方にも無理なく学べるカリキュラムを考えています。

まずは基礎と資格を取得し、その後、応用力を身に着けていっていただければ・・・と思っています。

そして、基礎と資格を活用して、それをお仕事に変えていっていただけたなら幸いです。

興味のある方は、こちら↓をご参照ください(*^。^*)
JPA.png


ではまたぁ~!!



↓他のスイーツデコ関連ブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
にほんブログ村

↓他のエポキシ樹脂関連のブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
にほんブログ村


*****************************
私のお店で~す\(^o^)/
型で簡単!ハンドメイド大好き応援ショップ
「Happy Future」
bana02.jpg
オリジナルシリコンの型・資材・レジンを販売してます(^_-)-☆
遊びに来てもらえたら嬉しいなぁ~(*^。^*)

bana04.jpg

*****************************


Masumi Eitaka

Facebookページも宣伝

2016/12/23(金)21:38
いちごのシリコンモールド、リニューアルしました

今まで、販売していたHFのいちごのシリコンモールド。

今まではツヤなしタイプでしたが、ツヤありタイプにリニューアルして販売開始しはじめました。
DSC_0890.jpg

DSC_08956.jpg

このいちご、シンプルですが、アクセサリーにすると、とっても可愛いです(*^。^*)

ピアスやイヤリングなどにするととっても可愛い)^o^(

DSC_0888.jpg


スモールタイプのいちごならこんな感じ↓
itigo03_20161223211929398.jpg

大きいいちごならこんな感じ↓
itigo02_20161223211931c83.jpg

おいしそうなイチゴキャンディに見える、つやありいちごのシリコンモールド。

よかったら、是非つかってみてくださぁ~い\(^o^)/

DSC_0890.jpg




↓他のスイーツデコ関連ブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
にほんブログ村

↓他のエポキシ樹脂関連のブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
にほんブログ村


*****************************
私のお店で~す\(^o^)/
型で簡単!ハンドメイド大好き応援ショップ
「Happy Future」
bana02.jpg
オリジナルシリコンの型・資材・レジンを販売してます(^_-)-☆
遊びに来てもらえたら嬉しいなぁ~(*^。^*)

bana04.jpg

*****************************


Masumi Eitaka

Facebookページも宣伝

2016/12/23(金)20:11
いつもブログをご覧くださりありがとうございます(*^。^*)


今回もご報告があります。


■講師のお仕事をすることになりました。

来年の春から、 【一般社団法人日本ペーパーアート協会】で講師をやることになりました。
JPAbana.png

今年の秋、【一般社団法人日本ペーパーアート協会】様から

「HFのシリコンモールドを教材として使いたいです」

「もし可能であれば、協会のクリエイティブアドバイザーとして認定講座を担当してもらえたら、さらに嬉しいです・・・(*^。^*)」


というオファーを頂きました。


この度、このオファーをお引き受けすることに決めました。


これまでの経緯をお話し致します。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

今までもこの協会以外から講師や講座のオファーはありました。

ですが、講師活動をするということはありませんでした。

講師の活動をしてこなかった理由の一つは、自分が何者なのか自分でよくわからなかったから・・・。

私は自分がスイーツデコ作家だとは思っていないのです・・・。

そんな私がスイーツデコの講師をやるということには抵抗がありました。


私は100円ショップの材料を中心に、簡単にスイーツデコを楽しめる方法を紹介してきました。

私は、真摯にスイーツデコと向き合って作品を作ったり、講師をしていらっしゃる皆様を尊敬しています。

なので私がスイーツデコ作家として、講師の仕事をするということは失礼な気がして、気乗りしませんでした。

また、私はスイーツデコだけでなく、もの作り全般が大好きなので、スイーツデコだけに縛られるのも嫌だった・・・ということもあります。


なので、日本ペーパーアート協会様からスイーツデコ認定講座の講師をお願いされた時、どうしたものか・・・と悩みました。




でも・・・

日本ペーパーアート協会のHPを見ていたら「クラフトワークセラピスト®(工芸作業療法士)」という認定資格が目に飛び込んできました。


そしてその瞬間、「クラフトワークセラピストを育てる仕事をやりたい!!!」と思いました。



以下、協会のページから抜粋↓
-------------------------------------------------------------------
ー・クラフトワークセラピスト® (色彩工芸作業療法士)

「クラフトワークセラピスト®(工芸作業療法士)」 

 温かい手作りの癒しの力・脳活性化力UP・笑顔になるヒントをお届けする指導者の資格

・医療施設・福祉施設・教育・育児の現場での教室開催。
・お店での接客、販売促進に役立てたい方。
・サークル活動やお友達の間などでクラフトワークを教えてあげたいという方。

クラフトワークセラピーを基礎から学べて、アドバイスやポイントを学べ、指導者になるコース

--------------------------------------------------------------------

こんな風に記載されていました。



私がブログを開設した時、書籍を出した時、型を作って売ろうと思った時、ハロウィンの本を出した時・・・


この時の気持ちは、もの作りで癒される人が増えたらいいな・・・でした。


ブログ・書籍・ショップを通して、もの作りを楽しむ気持ちを届けること・・・。

これが私の一番の喜びでした。そして活動の軸でした。

不器用でも、時間があまりとれなくても、趣味にちょっとしかお金をかけられなくても、作る楽しみ、プレゼントする楽しみ、デザインする楽しみを感じて欲しい。

もの作りが、生活の中でリフレッシュするひと時になったら素敵だな・・・と思ってきました。

クラフトワークセラピスト®は、それを広める講師。
その講師を育てることが出来たなら、すごく嬉しいと思いました。

そこで理事に、モールドを使ったクラフトスイーツを教えるだけではなく、それにプラスしてクラフトワークセラピストになれる人を育てる講座をやりたい、私の講座を受けた人には、クラフトワークセラピスト®の認定資格を上げて欲しい・・・とお願いしました。


理事は、それを快くOKしてくださいました。
(カラークラフトセラピスト®認定資格を取れるようにしてくださるということになりました)

そもそも理事が私を選んだ理由は「型を使って、誰もが簡単に、でも素敵な作品を作れる」これが協会の理念に合っていたから・・・でした。

もともと理事は看護士さんで、病院内にクラフトワーク教室があったらいいな・・・という提案を受け、それを担当されていたそうです。

でも、看護師と教室の両方をやるのはとても大変だったそうで(看護師の仕事もある中で、教室の準備もしなければいけない、ネタも尽きてくるなど・・・)クラフトワーク専門の講師がいてくれたら・・・と思い協会を立ち上げたそうです。


ペーパーアートだけでなく、他のクラフトワークも取り入れていきたいと考えていた時に、私のモールドを見つけたそうです。
モールドを使っての、スイーツ作り。
これを協会に取り入れていけたらと思ったそうです。

協会の理事は 栗原まみさんといいます。
日本ペーパーアート協会や、理事の気持ちは、こちらを読んでいただけると伝わるかな?

日本ペーパーアート協会について


こうして理事と直接会って、何回か話をし、気持ちは固まりました。

---------------------------------------------------


私はずっと、クラフトワークセラピスト®(工芸作業療法士)の必要性を感じていました。


そのきっかけはメールです。



「病を抱えている方からの感謝のメール」

ある病を抱えている方から、
「書籍に出会い、もの作りを無性にやりたくなり、心が落ち着きました。その感謝の気持ちを伝えたくてメールしました。」
「そしていつか社会に恩返ししたいです」というメールを頂きました。

粘土なら、体調のいい時は出来るそうで、それがとてもリフレッシュになるとおっしゃっていました。

そのメールを見て、とても胸が熱くなり、頑張って本を作ってよかったな・・・と幸せな気持ちでいっぱいになりました。

ああ、もの作りって本当にすごい力を持っているんだな・・・と思いました。


「年配の方からの感謝のメール」

介護の仕事を退職した年配の方から、
「ブログと出会い、スイーツデコを始めてから毎日朝起きるのが楽しみになり、体の痛みを忘れるようになりました。」
「もし介護職をやっている時に、スイーツデコを知っていたらなら、認知症予防などに取り入れたかったです。」という内容のメールでした。

こちらのメールもとても感動で幸せな気持ちでいっぱいになりました。

と同時に、医療だけでなく、介護施設の場でも生かすことが出来るんだ・・・と目から鱗でした。


なので協会のクラフトワークセラピスト®(工芸作業療法士)という文字を見て、これだ!と思いました。

私の紹介してきたスイーツデコは、工芸作業療法にピッタリだって思いました。

----------------------------------------------------


また、私は、日頃からライフワークについても、よく考えていました。


好きなことを仕事にする・・・。

それがライフワーク。


私は幸い、ライフワークをしています。

みんなにもライフワークのチャンスを作れたらいいな・・・といつも考えていました。


私は、イベント会社や、施設のカルチャーセンターから講師の仕事依頼を頂く事があるのですが、時期的な問題、距離的な問題でお断りすることがほとんどでした。

その時「では代わりにどなたか講師を紹介してくださいませんか?」と言われました。

この時「ああ~、私の代わりに紹介できる人がいればいいのに・・・」

「今は忙しい時期だけど、誰か一緒に手伝ってくれる人がいたらなら出来るのに・・・」と思うことがよくありました。

信頼できる人がいたら、その方にお仕事を任せられるのに・・・と思いました。

私のところに来るお仕事は、ほとんどが交通費、材料費、講師代が出ます。

とっても素敵なお仕事です。

信頼出来る人にライフワークのお仕事を振ってあげることが出来たらいいのに・・・と思いました。

そういった意味でも、今回の講師を育てる仕事はやる意味がある・・・と思えました。

そんな経緯から、講師の依頼をお引き受けすることに決めました。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*


■募集は1月から

講座名は、 「JPAクラフトスイーツ講師認定講座」です。

講座終了後、「JPAクラフトスイーツ講師」の認定資格がもらえます。
HFのモールドや、私の作ったテキストを利用して、HF認定講師として活動することが可能となります。
またHFのモールドを卸価格で購入可能となります。

第1期生は、「カラークラフトワークセラピスト®(色彩工芸作業療法士)」のコラボパッケージとなります。
講座終了後「カラークラフトワークセラピスト®(色彩工芸作業療法士)」 認定試験を受けることができます。

この試験を受けた方は「カラークラフトワークセラピスト®(色彩工芸作業療法士)」の認定資格がもらえます。

資格を取得された方は、私のHPと協会のHPで紹介致します。(掲載希望者のみ紹介)
jpabana2.png


講座内容ですが、私の担当する講座は、WEB動画通信講座となります。

全10回の講座となります。

1カ月に1講座づつ受講します。

講座用のキットとテキストを送るので、動画を見ながら学びます。

空いた時間を利用して学んでいけるので、無理なく受講出来ます。

今、カリキュラムとテキスト作りを頑張っています。

基本はモールドを使っての作品作りとなりますが「モールドを使って、こうやって作って下さい、ハイ、終わり」ではないです。

クオリティの高い作品を作る力、デザイン力、材料を選ぶ力、講座カリキュラムを構築できる力が身に付くように、内容の濃い講座にしたいと思い、今頑張って作っています。

でも、なかなかはかどりません・・・(涙)

講座作りは難しい・・・。

やると決めたからには、いい講座を作りたい・・・

スイーツデコを楽しめる力をつけさせてあげたい・・・

「色彩工芸作業療法士」として活躍できるための力をちゃんとつけさせてあげたい・・・

と思うので、本当に悩みます。

動画作りも、頑張らないと・・・。

頑張りますっ!!

私は、「カラークラフトワークセラピスト®(色彩工芸作業療法士)」という認定資格はとても素敵な資格だと思っています。
もの作りが好きな人はその技術を活かすことができる資格だから。

講師になりたい・・・と思っても、かたがきがないと、なかなか活動しにくかったりします。

でもこの「カラークラフトワークセラピスト®(色彩工芸作業療法士)」という資格は、自分のスキルを仕事に変えられる可能性を持った資格です。

私は、ものづくりは、いろいろなクラフトが融合していいと思っています。
決まった形にとらわれることなく、自由な発想で、芸術を楽しむことがステキだと思っています。
日本ペーパーアート協会が私に声をかけたように・・・
だから、クラフトの垣根を越えた「カラークラフトワークセラピスト®(色彩工芸作業療法士)」という資格は素敵だと思うのです。

もし、私からスイーツデコを学びたい!とか

「カラークラフトセラピスト」をライフワークにしたい!という方がいらっしゃいましたら、受講下さい(*^。^*)

素敵な講座になるように、頑張ります。

JPA.png




認定会員さんのバックアップ体制はこちら

バックアップ体制


日本ペーパーアート協会のフェイスブックはこちら。

一般社団法人日本ペーパーアート協会フェイスブック


以上、私からのご報告でした。



↓他のスイーツデコ関連ブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
にほんブログ村

↓他のエポキシ樹脂関連のブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
にほんブログ村


*****************************
私のお店で~す\(^o^)/
型で簡単!ハンドメイド大好き応援ショップ
「Happy Future」
bana02.jpg
オリジナルシリコンの型・資材・レジンを販売してます(^_-)-☆
遊びに来てもらえたら嬉しいなぁ~(*^。^*)

bana04.jpg

*****************************


Masumi Eitaka

Facebookページも宣伝

2016/12/18(日)13:20
いつも、ブログを見て下さってありがとうございます(*^^*)

今日は取り急ぎご報告があります。

前の記事で12月にはツヤありイチゴをリニューアルして販売します!と話をしていたのですが・・・




12月に入り、型を作っていた、おじさんが、脳梗塞で倒れてしまい、型を作れなくなってしまいました。
現在、右手、下半身が麻痺しており入院中です・・・
多分、復帰は無理だと思うと父から言われ・・・

今まで一緒に頑張ってきたのに・・・

つい最近まで、ツヤありイチゴのリニューアルの準備を一緒に進めていたのに・・・

ストップしています・・・

復帰は出来なくても、とにかく、おじさんの命があって本当に良かった・・・


今は私がおじさんの代わりに型作りを頑張っています。

なので、イチゴのリニューアルが遅れています。

ドーナツも・・・

すみません・・・


他にも色々お伝えしたい事があるのですが、取り急ぎご報告まで・・・








2016/11/18(金)14:50
マカロンの間のクリームの作り方

HFのモールドを使えば、簡単に作品を作ることが出来ます。

でも、同じモールドを使っても、作った作品は千差万別。

今日は、よりクオリティの高いマカロンを作るためのコツを紹介したいと思います。

料理手芸クラブの過去記事で、マカロンの皮(?)部分を上手く作るためのコツは紹介しました。

今日は、絞り出しクッキーのモールドを利用して、マカロンに挟むクリームを作る時のコツを説明します。

①絞り出しクッキーのモールドに粘土を詰める

絞り出しクッキーのモールドいっぱいに粘土を詰め込んでクリームを作ってしまうと、マカロンからはみ出てしまいます。
はみ出るのが 好みという場合は、いっぱいに詰め込んでもOK(^_-)-☆
(作品を作るのに、間違いとかないので、好みで作るのが一番)
でも、クリームはみ出したくないな・・・という場合は、以下の量を目安にしてみて下さい。

絞り出しクッキーの横についているドレンチェリーのモールドにすり切りで粘土を詰めたもの、5つ分くらいを絞り出しクッキーのモールドに入れるといいです。

入れる位置は、画像の半透明の白い丸の部分。
どの位置に入れるかは好みですが、入れ方によって、模様の出方が違うので、意識してみるといいです。
私は、画像の位置が気に入ってます。

DSC_1177のコピー

なぜ、この位置が気にっているかというと、形がシンプルじゃないから。
う~ん、うまく説明できないな・・・。
方向が同じ向きばかりじゃない部分だから・・・と言った方がいいかな?


粘土を詰める時のコツですが、何度も説明していますが、溝の奥までしっかり入るように、ギューって押し込むこと!
そうしないと、クリームの溝があまくなってしまいます。(クリームの形がはっきりでないということ)


あと、マカロンの皮を作る時のコツにも記載しましたが、型から出したクリームは、まだ柔らかいので、丁寧に扱うこと。
溝の部分をもってしまうと、クリームの形がくずれてしまいます。
できるだけ、とがった部分を持たないように気を付けたいところです。


②クリームの配置位置

クリームを配置する時、マカロンの隙間からよく見える位置に、クリームのどの部分を見せるか・・・。
そんなことにも、意識出来るといいです。
私は、クリームの方向の切り替わり部分がよく見えるように意識して配置します。
そうすることで、作品が単調に見えなくなるから・・・。

mac03.jpg

mac04.jpg

mac01.jpg

③クリームの上にマカロンを重ねる

クリームを置いたら、ついつい、上のマカロンをギュって押しつけてクリームをサンドしたくなりませんか?
私がそうでした。最初はつぶしまくってました・・・。
でもなんか違うんだよなぁ~って悩んで気づいたのが、上のマカロンは軽く乗せるということ。
クリームの形を見せることを意識して、上のマカロンは軽く乗せるようにする・・・
これけっこうおススメです。

どれくらいクリームをつぶすかで、作品の雰囲気は変わってきます。
上のマカロンの乗せ方についても、意識して作るといいです。

クリームは見せたい。でもちょっとしか見せなくていい・・・。
だからつぶしたい・・・と思う時は、もともとクリームを作る時に、小さいクリームを作って、クリームの形はできるだけ壊さない方が、素敵な作品になるんじゃないかなぁ~?と思います。

mac28.jpg

mac27.jpg

mac26.jpg

mac29.jpg

mac22_20161118133742b67.jpg

mac21.jpg

mac20.jpg


④パーツの置き方の工夫
デコレーションのデザイン、パーツの置き方は、自由!!
楽しみながら、好きなように置いていくのが一番!

そうはいっても、どう置いていいかわからない・・・という方のために、ちょっとアドバイス。

その1
テーマを決めて、それをどう表現するか・・・ということを考えると、どんな風にデコレーションすればいいかイメージが湧いてきます。

例えばこれ。
料理手芸用のサンプルです。
小学生はピンクでかわいいのが好きかな?と思ってラブリーなマカロン!!というテーマを決めて作りました。
(実際は、ピンクでラブリー♪というより、ミントグリーンが人気で、大人可愛いのが人気でしたが・・・(笑)小学生は意外と大人でした(笑))
mac25.jpg

mac24_201611181422490a3.jpg

mac23.jpg

その2
欠点(?)をカバーする

クリームを置いた時にできる空間や、あまりクリームがきれいに見えていないな・・・という部分を隠すという目的も兼ねてデコレーションする。

その例がこちら

mac14.jpg

mac13.jpg

mac12.jpg

この作品は、クリームの空間に黄桃のパーツをスポッてはめ込んでます。

こんな風に作品のう~ん・・・と思う場所を、パーツで穴埋めして、それから、そのデコレーションに合うようなパーツをチョイスしてデコレーションしていく・・・という方法もあります。


この作品もカバー手法を取り入れているかも
mac25.jpg

空間を見せないように、デコパーツで目隠ししています。

以上、デコレーションの際に、意識してみるといいよ・・・と思うことを2つだけ紹介してみました(*^。^*)


⑤ニス塗
ニス塗ですが、料理手芸クラブではニス塗までは出来ませんでした。
でも、樹脂粘土製マカロンにニスを塗るとしたら・・・

おススメは「つや消しニス」

ニスは、素材によって、使い分けるといいです。
軽量粘土の時は、セミグロスクリヤーでもいい感じでしたが、樹脂粘土に塗る時は、つや消しニスがいいと思いました。(個人的判断です)
セミグロスクリヤーも塗ってみたのですが、ちょっとしっくりこなかったかな・・・。
でも、ニスも個人の好みがあるので、やってみていいな、と思ったタイプのニスを使えばいいです。

今日紹介したマカロンはどれもつや消しニスを塗っています。


以上、マカロンの間に挟むクリームの作り方でした(*^。^*)

*****************************

さて、12月には、HFのいちごのモールドをリニューアルします。
リアルいちごのモールドじゃなくて、小さいいちごのモールドね(^_-)-☆

これをツヤありタイプに変えます。

このいちごのモールド、不人気なんですけど(笑)、ニス塗って、光沢を出すと、すっごく可愛いんですよ)^o^(
当初はチョコ用を想定して、つやがないタイプにして、現在まで発売してきたのですが、ニス塗った方が可愛いことに気づき、ニス塗の手間をなくすために、つやありに変更することにしました。

うちの娘とか、イヤリングにしたら、すっごく可愛い~♪───O(≧∇≦)O────♪って絶賛で、一番好きかも!とまで言われました。

リニューアル、いちごモールド!お楽しみに。

リニューアルしたらまた告知します。



現在、マスター模型製作中。
12月には販売できたらいいな・・・と思っています。

あと、絞り出しクッキーとカップケーキ&マカロンのモールドをセットにしたキットを作る予定。

子どもから年配まで、楽しんで遊べるので、是非、クリスマスプレゼントや、ちょっとしたプレゼントに活用していただけたらと思います。

一昨日から、新作モールドの製作を始めました。

今回も、自分が欲しい型です(笑)

ドーナツの型。

毎回、一個一個ドーナツを作るのは大変だったので、ドーナツの型すごく欲しくて。
クツワさんの型、可愛くていいのですが、柔らかい型の方がノンストレスで使いやすいし、また大きさも、樹脂粘土で作ると、とっても小さくなってしまうので、もうちょっとだけ大きいのがいいな・・・と思い、作り始めました。

かれこれ原型作りにチャレンジして3日経ちますが、やっと、納得のいく原型が出来ました。
原形は、石粉粘土で作りました。
今、乾かしているところ。
もうちょっと手直しとか質感チェックとかするけど・・・
ベースは完成しました。

こういう目を近づけて集中する作業に入ると、老眼の進行をすごく感じます(笑)

もうそろそろ、老眼鏡だな・・・(笑)

苦労して作った原型・・・。
壊さないように、マスター模型に仕上げたいと思います。


ドーナツのシリコンモールドが出来たら、ドーナツ作りがうんと楽しくなるぅ~♪

頑張るぞぉ~!!

ではまたぁ~\(^o^)/



↓他のスイーツデコ関連ブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
にほんブログ村

↓他のエポキシ樹脂関連のブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
にほんブログ村


*****************************
私のお店で~す\(^o^)/
型で簡単!ハンドメイド大好き応援ショップ
「Happy Future」
bana02.jpg
オリジナルシリコンの型・資材・レジンを販売してます(^_-)-☆
遊びに来てもらえたら嬉しいなぁ~(*^。^*)

bana04.jpg

*****************************


Masumi Eitaka

Facebookページも宣伝
注意事項

著作権や注意事項

このブログ内の画像・テキスト等の無断転載・ 複製は御遠慮ください(^_-)-☆ 無断じゃなきゃOK!! copyright 100kinsweetsです。 リンクは大歓迎で~す(*^。^*) リンクは許可いりませ~ん(^_-)-☆ このブログではしばしば型とり技術を紹介しております。メーカーのお菓子、キャラクターものなども・・・。でもこういった商品には著作権があります。型をとった作品など、個人で楽しむ程度にしておきましょう。販売、商業目的などで使用するのはやめましょうね(^_-)-☆

ブログランキング

ブログランキングに登録しています。もしブログを気にっていただけましたら、毎回バナーをクリックしていただけたら幸いです。

FC2Blog Ranking

ブログランキング
ブログ閲覧用目次
目次

検索フォーム

取引先関連企業

♪いつもお世話になっている素敵な会社をご紹介♪



株式会社ミナロ minaro.png
モックアップ、木型モデル加工、治具製作
テムコファイン株式会社
bana.png
ウレタン・エポキシ・シリコーン等造形素材の開発・販売
有限会社 光沢
koutaku.png
試作屋、プラスチック製品の総合プランナー
総合ホビーショップ ケイ・ホビー logo-out2.jpg

スカイホビー
sky

プロフィール

masumirai

Author:masumirai
永高真寿美(masumirai)

小学生2人の母。
2009年ブログを開始。
書籍「100円グッズスイーツデコ」 (主婦と生活社)シリーズの著者。
オリジナルシリコンモールドショップ「Happy Future」のオーナー。
2014年9月、NHK情報番組「あさイチ」に出演。

詳しいプロフィールはこちら

Facebook
ショップ案内

ハンドメイド大好き応援ショップ Happy Future

手作り大好き!応援ショップHappy Future

私のお店です(#^.^#) 手作りのオリジナルシリコンの型やアクセサリー資材、レジンなどを販売しております(^_-)-☆遊びに来てね(*^。^*)

オフィシャルページ

bana06.jpg

永高真寿美(masumirai)の公式ホームページです(^_-)-☆

書籍紹介

ブログが本になりました!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

FC2カウンター

Before  | 100円グッズ活用スイーツデコTOPへ |  Next
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
まとめ