犬の歩行器の作り方

今日は、スイーツデコとかと、まったく関係ないですが、犬の歩行器の作り方を紹介したいと思います。

実は今年の4月半ばより、愛犬(以後グーちゃん)の介護をしてきました。

7月末のお誕生日を迎え、18歳になることが出来ましたが、9月6日、天国に旅立ちました・・・。


慢性腎不全と痴呆&脳の障害を患っていたため、5月半ばには一人では歩けなくなり、8月の後半はまったくの寝たきり状態でした。

初めての老犬介護に戸惑い、そして想像以上の大変さに悩み、どうしていいのかわからなくて、涙してしまう毎日が続いたことも・・・

その際、私を救ったのは犬の歩行器・・・。
歩きたいけど歩けなくて、寝たまま足を動かすグーちゃんを見るに見かねて、歩行器を作りました。

私は工具とかあまり持っていなくて、そういうのを作るのは苦手で、ネットで紹介されている作り方などは、ちょっとハードル高くて、何より時間がなくて、そしてグーちゃんに合うかどうかもわかななくて・・・

そんなことから、私でも簡単に作れて、そしてグーちゃんに合ったオリジナル歩行器作りにチャレンジしました。

1台目は失敗したけど、その失敗を生かして2台目は成功!!
(1台目の失敗は車輪の位置や寸法の問題で失敗)

老犬介護は想像以上に大変でしたが、歩行器を作ってからは、かなり救われました。
何より、歩きたい犬の希望を叶えてあげられたのが嬉しかったです・・・

g13.jpg


歩行器がなかったら、私、どうなってたかな?と思うくらいに、救われたので、もし私と同じように犬の介護に悩んでいる方がいて、その方の役に立てたら、その方のワンちゃんの老後が少しても快適なものになったなら・・・と思い、いつか歩行器の作り方をブログ記事にしたいと思っていました。




この歩行器は、とても簡単に作れます。


材料は・・・

・水道管(太さは犬の大きさで選ぶ)
・水道管の接続パーツ(Tの形のものと、Lの形のもの)
・ビニールテープ
・キャスター
・タオル


g8.jpg

以上です。


道具は

とんかち
のこぎり

です。

でも私はホームセンターで水道管を希望の長さにカットしてもらったので、のこぎりは使わなかったです。
仕事、育児、介護で、とにかくいっぱいいっぱいで、水道管をカットする時間すらなくて、手っ取り早く、頼んじゃいました。

~作り方~

画像のような形になるように、胴の長さ、胴の幅、足の長さを計測し、水道管の長さを決める
 
たぶん、この作業が一番難しいです。

g30.jpg

g10.jpg

水道管の長さで大事なのは、胴体が入っている部分の長い棒2本と、胴体の幅を決める4本と、足の長さを決める4本です。
それ以外の部分はただ、パーツをつなぎ合わせるための5cmパーツ。
足の長さはタオルのたるみ方で変わるので、後で長さの調整が必要かもですが、長さをとりあえず決めます。

g8.jpg

●長さが決まったら水道管をカットします

●歩行器の形になるように接続パーツでつないでいきます
 この際、とんかちなどで叩いて、水道管がずれないようにすることが大事です。
 簡単にくるくる回ってしまうようだと、犬が体重をかけた時に崩壊してしまいます。

g11.jpg

●タオルを取り付けます
g7.jpg
 ここもちょっと難しいかな・・・
 たるませるのが浅いと胴体の支えにならないし、たるませすぎると足が余ってしまう・・・
 仮でたるませて、犬を乗せてみてちょうどいいたるみを見つけてから縫うといいです。
 このタオルのたるみに支えられて倒れずに歩くことが出来るので、重要ポイントです。

●キャスターを付けます
 キャスターの先端は細いので、水道管の太さに合わせてビニールテープを巻いて太くします。
 それを水道管にねじ込めば外れることなく取り付ける事が出来ます。
 ここが、私的には一番のアイディア部分。
 タイヤの取り付けをいかに簡単に出来るかが課題だったのですが、この方法なら誰でも簡単に出来る!
g9.jpg

g12.jpg

以上で完成です!

こんな子供だましみたいな歩行器ですが、これで私もグーちゃんもHappyになりました。


ちなみに、ぐーちゃんは、この歩行器に乗っても一人では歩けないです。
この歩行器は犬が自分だけで部屋の中を自由に歩けるようにするためのものじゃないです。

歩行器があっても、平行感覚がなく、筋力も落ちてきたグーちゃんが自力で歩くのは難しく
どうしても少し補佐が必要でした。

歩行器があっても、歩く際には支えてあげなきゃなんて、結局大変じゃん?と思うかもですが、歩行器がなかったら、まったく歩かせることは出来なかったので、これがあるとないとでは、全然違いました。

痴呆のグーちゃんは部屋の中をぐるぐると回りたがるので、私は時計の針の中心のような感じで全く動かずに、ハンドリングするような感じで歩行器を支えて歩かせてました。

犬が歩きたがった時には、映画鑑賞したり、テレビを見たりしてリフレッシュすることが出来ました。


ぐーちゃんは、こんな感じでくるくる部屋の中を歩きます。

g1.jpg
g2.jpg
g3.jpg
g4.jpg
g0.jpg


この歩行器のおかげで、グーちゃんは亡くなる直前まで歩く事が出来ました・・・


作り方の説明と言っておきながら、かなりアバウトだし、それにどのワンちゃんでも成功するのかはわからないけど、
良かったら参考にしてみてください。

老犬介護に悩み、歩きたいけど歩けないワンちゃんが少しでも救われますように・・・+゚。*(*´∀`*)*。゚+

以上犬の歩行器の作り方でした(#^.^#)

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆



↓他のスイーツデコ関連ブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
にほんブログ村

↓他のエポキシ樹脂関連のブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
にほんブログ村


*****************************
私のお店で~す\(^o^)/
型で簡単!ハンドメイド大好き応援ショップ
「Happy Future」
bana02.jpg
オリジナルシリコンの型・資材・レジンを販売してます(^_-)-☆
遊びに来てもらえたら嬉しいなぁ~(*^。^*)

bana04.jpg

*****************************


Masumi Eitaka

Facebookページも宣伝
[ 2017/10/13 16:36 ] ☆ひとりごと | TB(-) | CM(-)