樹脂粘土を抜き型から外す方法

無事、一回目の料理手芸クラブが終わりました(*^。^*)
2週にわたっての講座となるので、また来週、講座あります。

講座では絞り出しクッキーのストラップと、抜型クッキーのオーナメントを作っています。↓
(画像へんなのしかなくてすみません・・・)
IMG_7221.jpg
IMG_7222.jpg

1回目の講座では、クッキーの生地を作って、型でクッキーを作るところまでやりました。

1時間という短い時間で、30名以上を一人でいっきに教えるのは、かなり難しく、今回もまた反省の嵐でした。
一番の反省点は、もっと、もっと、もっと初心者の気持ちに戻らなければいけなかったな・・・ということ。
説明不足な点が多々ありました。

抜型クッキー、クッキーの厚さとかまでもっと細かく説明すればよかったなぁ~(>_<)

やっぱり生地の色付けは難しくて、ちょうどいい色というのを作るのに、みんな苦戦していました。
一つ、各班に着色した生地のサンプルを置いてあげればよかったなぁ~。
そもそも、各班に一個づつ完成品のサンプルを作ればよかった!
(といっても班が何個あるか当日までわからなかったけど・・・(^_^;))

とまぁ、細かいところまで気が回らず、今回も反省だらけでした。
来週はちゃんと出来るといいな。

ちなみに今回作ったクッキーはたたんだハンカチの上に置いて、次回まで家庭科準備室で乾燥。
なぜ、ハンカチの上に置いてもらったかというと・・・
紙の上だと、粘土の水分で紙がふやけ、そのふやけた紙の質感が粘土に転写されてしまうからNGで、
粘土板の上だと、いつまでたっても裏が乾かないし、はがしずらいので、ハンカチやタオルを持参してもらい、その上で乾かしてもらうよう指示しました(*^。^*)
自分のハンカチならわかりやすいし(^_-)-☆

来週は、焼き色付け、アクセサリー加工をやります。

いつものごとく、写真を撮るのを忘れてしまいました・・・。
ついつい夢中で・・・。
(来週こそは生徒の作った作品、撮影するぞ!)


***************************************

さて、今日ですが、題名にもありましたように、抜き型から樹脂粘土をはずす方法を紹介します。

「何をいまさら!」って思いますよね?(笑)

でも、この講座をやるまで、私にとっては何をいまさらではなかったんです(ToT)

この先、私と同じように悩む方もいらっしゃるかもなので、やり方をアップしておくことにしました。

クッキーの抜き型に、オイルを塗ってさえおけば、石粉粘土や軽量粘土で作った生地なら、変形しないで型から外すことが出来たのですが、樹脂粘土はそういうわけにはいきませんでした(>_<)

大きくて、単純な形の抜型なら、外せるんです。
でも、小さい抜型や、トナカイ、雪の結晶、天使などは上手く外せませんでした・・・。(ToT)
どうにもこうにも、変形せずに外すことが出来ない・・・。
(樹脂粘土おそるべし(笑))

講座では、一人に割り当てられる粘土は、ダイソーさんの樹脂粘土1本分だけ。
だから小さいクッキーを作りたい子もいるはず・・・。
そもそも、持参させた抜型が大きくて単純な形の物ばかりであるはずもない。
となると、小さくて複雑な抜型からでも、樹脂粘土をきれいに外す方法がわからないと講座がなりたたない!

ということで、わらにもすがる思いでネットで調べました(*^。^*)
・・・が、調べ方が悪かったのか、あまりにあたりまえすぎる内容だからなのか、とにかく、クッキーの抜き型から樹脂粘土を外す方法を見つけることが出来ませんでした(ToT)

でも、わからないまま講座の日を迎えるわけにはいかないので、とにかくなんとかしなきゃ!って自力で方法を見つけることにしました。

「ベビーパウダー塗るといいって聞いたことあるなぁ~」って、ベビーパウダーも用意してみました。(結局使わなかったけど)
抜けていないタイプの型だけど、その型から外す時、同じ樹脂粘土にくっつけてとってたなぁ~とかも思いだし、まずはそのあたりから試してみることにしました。

まずは、型にオイルだけ塗り、樹脂粘土をくっつけて外す方法を試みました。

が・・・トナカイも雪の結晶も崩壊・・・。
くっつけた部分だけが型からはずれ、樹脂粘土がくっついた部分だけ外れてビヨ~ンって伸びてしまいました。(>_<)
見事に変形!

そこで、違う方法に切り替えました。
樹脂粘土を棒状にして型と粘土の接着している全部の部分を、トントンってちょっとづつたたきながら粘土と型を外していき、下まで押しさげて外すという方法を試しました。
途中、棒状の粘土にくっついて、上から外れそうになることもあるのですが、とにかく下から外すことに専念して、上からは外しません。棒状の粘土を離して、またトントンと下へ押し出す作業をします。

上から取ろうとすると、変形してしまいがちです。
下から外すのがコツです\(^o^)/
IMG_7108.jpg
IMG_7136.jpg

なんてことはない、簡単な事でした(笑)

無事に、どんな型からも樹脂粘土を外すことが出来るようになり、好きな形の樹脂粘土クッキーを作ることができるようになりました。

せっかくのクリスマス。
どうせなら、ブーツやツリー、トナカイ、雪の結晶、天使などのクッキーを作りたいなぁ~って思ったのに、ことごとく型から外せなくて、どうしよう~!!って思っていたけど、無事解決してよかったです~\(^o^)/

粘土が変わればやり方も変わるものですね(*^。^*)


次回は、樹脂粘土に質感をつける方法を紹介します。
本当は、この記事、「樹脂粘土に質感をつける方法」の記事で一緒に紹介する予定だったのですが、ちょっと忙しくて、記事をまとめきれないので、この記事だけ先にアップすることにしました(*^。^*)

明日から、また新潟の妙高と、長野に行きます。
なんか、妙高、毎月一回くらいのペースで行ってるなぁ~
毎年恒例のりんご狩りです。

ではではまたぁ~



↓他のスイーツデコ関連ブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
にほんブログ村

↓他のエポキシ樹脂関連のブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
にほんブログ村


*****************************
私のお店で~す\(^o^)/
型で簡単!ハンドメイド大好き応援ショップ
「Happy Future」
bana02.jpg
オリジナルシリコンの型・資材・レジンを販売してます(^_-)-☆
遊びに来てもらえたら嬉しいなぁ~(*^。^*)

bana04.jpg

*****************************


Masumi Eitaka

Facebookページも宣伝
[ 2015/11/20 13:50 ] ☆作り方 クッキー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する