コマ大戦終わりましたぁ(*^。^*)

コマ大戦、無事に終わりましたぁ。

ブログを見て、コマ大戦に足を運んでくださった皆様、ありがとうございます!

とってもとっても嬉しかったです(*^。^*)

今回の目的は、製造業との交流を通し、型作りの際に役立つような技術や知識を得ること、
レジンやスイーツデコを知らない方に、それらを知ってもらうこと、
読者の方に会えたら嬉しいなぁ・・・ということだったのですが、
無事に目的達成出来てよかったです(*^。^*)

特に読者の方と会えて、本当に嬉しかったです。
皆様とお会い出来てとても感動o(≧▽≦)o
おいで下さった、皆様、本当に本当にありがとうございました。
お話できて、本当に、本当に嬉しかったです!!
私はとっても嬉しかったけど、私に会って、がっかりさせちゃってたらすみません・・・。

1_20150220174453947.jpg

************************************

さて、今日は、最近頂いた質問の回答をご紹介したいと思います。

まずはコマ大戦においで下さった方からのご質問から。

【Q1】
「100円ショップの工作用ニスで、作品に色を塗る際、筆ムラが目立ってキレイに塗れない・・・」

その方はマカロンや、クッキーにニスを塗る時の筆ムラが気になるとのことでした。

【A1】
私がマカロンやクッキーにニスを塗る時は、筆にニスはあまり付けずに筆の先を突き刺す?ように、トントンたたきながら塗っています。もし筆ムラが出来たりした際は、すばやくティッシュで軽く押さえ、筆ムラをなくします。
この方法で乾いたら塗り・・・を2~3度やります。
とにかく薄く塗っていく、筆でなぞらない、これがポイントです。

あと、ニスの使い分けも大切だと思っています。

テカリがあるタイプの焼き菓子(卵黄を塗って焼いているやつ)は工作用ニスを使い、シュークリームや、しぼりだしクッキーなど、全く光沢がない焼き菓子は、ダイソーさんのマットコートを塗ります。
(メーカー品を使う時は、工作用ニスの代わりにマットタイプと光沢タイプの中間の物を利用、マットコートの代わりにつやなしマットタイプのニスを使います。)
20140405123742816.jpg

エポキシ系接着剤で作ったパーツや、樹脂で作ったパーツなどで、光沢が欲しい物は、ツヤだしニスを使います。
私が愛用しているのは、筆ムラが出来ないタミヤさんのツヤ出しニス。
でも100円ショップの材料で・・・ということなら、マニキュアのトップコートを塗ります。
筆ムラが出来ないためにはニスの粘度が低いことがとても重要です。
サラサラとした液体でないと筆ムラ、厚塗りになってしまうので、上手く塗れないな・・・と思ったときは粘度を確認しています。
nis13.jpg


続きましての質問は・・・

【Q2】
「HFの型は、UVレジンと2液混合レジンで使えますか?併用しても大丈夫ですか?」
「型はどれくらいの耐久性がありますか?それぞれの素材別に教えてほしいです。」

これはよくお店のお問い合わせでいただく質問です。

【A2】
質問の答えは、レジンやシリコンの型の性質を理解することで、わかるのでレジンやシリコンの性質を説明したいと思います(*^。^*)
何度もこの内容を読んでいる方は重複しちゃってすみません・・・。

■HFの型をUVレジンで使うことについて

HFの型は基本的にUVレジン用では使えません。すみません(>_<)
なので、併用もできないです・・・。


HFの型がUVレジン用として使えない理由は二つあります。

1.UVレジンは紫外線で固まります。
 しかしHFの型は黄色いので、紫外線が通らないため、UVレジン用として使うことが出来ないのです。

2.もしUVレジンでも使えるように、HFの型の色を透明にしたとしても、UVレジンではきれいなパーツを作ることは出来ません。
UVレジンの特性として、形が複雑でデコボコしたものはきれいにつくれないのです。
硬化収縮、硬化速度のムラが激しいUVレジンは、複雑な形の物を作ろうとすると、しわができてしまいます。
siwa01.jpg

HFの型は底面が複雑な形の物が多く、たとえ型が透明になったとしても、プロクリスタル880(2液混合レジン)やエポキシ系接着剤で作ったようにきれいなパーツを作ることは難しいです。

またHFの型のパーツは1個を作るのにそれなりの量を必要とします。
UVレジンはプロクリスタル880(2液混合レジン)と比べると値段が高いです。

HFの型のデザインのレジンパーツを作りたい場合は、コストパフォーマンスもよく、仕上がりがきれいに出来る2液混合レジンで作った方が断然いいです。

今、クラフト界ではレジンがとても人気ですが、UVレジンと2液混合レジンの使い分けの必要性をとても感じています。

同じレジンという名前がついているので、初心者の方はUVレジンと2液混合レジンの違いは、硬化させる方法が違うだけ・・・と思いがちです。

私も超初心者の時は、そう思っていました。

ならば、1液だけで、硬化時間も短いUVレジンが手軽でいいな・・・と思っていたのですが、UVレジンと2液混合レジンは全く別物!と認識する方がベターだと思うようになりました。

例えば、ケーキを作る時に、小麦粉は小麦粉でも、強力粉を使ってケーキを作ったりはしないですよね?

それと同じで、同じレジンという名がついていても、UVレジンと2液混合レジンでは、作れる物が違うという認識が必要だなと思うようになりました。

見た目や名前が似ていても、成分が違います。
それぞれの特性を理解して、その特性を生かしながら使うことが大事かな?と思いました。

ケーキを作るなら薄力粉。パンを作るなら強力粉。

これと同じで複雑な形で量を使う物は、プロクリスタルなどの2液混合レジン。

粘度が必要、硬化時間の速さが必要、少量利用、コーティング、底がフラットなタイプの型、などの作品を作りたいならUVレジン。

というように、作りたい物をよりきれいに、よりよいコストパフォーマンスで作るには、素材の特性を見極めて素材を選ぶのが大切です。


■硬化時間と型の耐久性の関係について

まず、プロクリスタル880もエポキシ系接着剤も、温度が高い環境だと、早く硬化します。
室内の温度、液体の温度、型の温度など、それぞれの温度が高いほど、硬化時間は早くなります。

プロクリスタル880などは60度の環境に置いた場合はだいたい2時間くらいで固まるそうです。
60度の温度を保つために、保温庫を利用している人も多いです。
保温庫とは、コンビニとかでコーヒーのカンとか温めておくためにいれているケースみたいのです。
安い物は1万円以下で買えるみたいです。

型は、素材の硬化時間が短ければ短いほど、長持ちします。

型の耐久性についてはこちら

エポキシ系接着剤の方が、型を何度も使うことが出来るのは、エポキシ系接着剤の方が、プロクリスタルより早く固まるからです。

なぜ、早く固まると型が劣化しないのかというと・・・

シリコンの型が使えなくなるのは、素材がシリコンにしみ込み、それが蓄積されていくことでシリコンが変質してしまうからのようです。

しみ込んだ素材が固まり、シリコンの弾力性を奪い、シリコンの表面がボロボロになってしまうのです。

しみ込む・・・というのは、素材が液体の時に起こることなので、早く硬化すればするだけ、
シリコンに素材がしみこまないことから、硬化時間が短いと型が長持ちするのです。

なので、夏と冬では気温の低い冬の方が硬化時間が長いので、型が劣化します。

なので、もし型を出来るだけ何回も使いたい・・・ということであれば、素材が早く固まる工夫をするといいです。

このように、型の耐久性については、環境や作り方、使う素材によって、変わります。
なので、HFの型は何回使えます。ということは言えません・・・。
これらの情報をもとに、予想してもらう・・・という感じになってしまいます。

ちなみに素材が型にしみ込むことのない粘土などは型を劣化させることはないので半永久的に使えます。
(乱暴にねじったり、イレギュラーな使い方をしなければ・・・)

以上質問の回答でした(*^。^*)

**********************************
おまけ&ひとりごと

今お店の方では、海外発送が出来るように準備中です。
英語のページを作るべく今週は、ずっと英語を勉強しながらパソコンに向かっていました。

まさか、私がこの年で英語に悩まされるとは・・・。

学校の勉強って、役に立つんだな・・・とつくづく感じる今日この頃。
勉強がメインで過ごせる学生時代。
今となっては贅沢だったんだなぁ~と思ったりして・・・。

うちの子供たち、毎日、「宿題やだ~」「勉強やだ~」って言っているけど、
大人になると、勉強したくなるんだよ~子供たち・・・。

勉強しておくと、やりたいことがスムーズに出来て、大人になってから楽しいぞ~。
過去の自分に教えてあげたいよ・・・(笑)

ではではまたぁ!



↓他のスイーツデコ関連ブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
にほんブログ村

↓他のエポキシ樹脂関連のブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
にほんブログ村


*****************************
私のお店で~す\(^o^)/
型で簡単!ハンドメイド大好き応援ショップ
「Happy Future」
bana02.jpg
オリジナルシリコンの型・資材・レジンを販売してます(^_-)-☆
遊びに来てもらえたら嬉しいなぁ~(*^。^*)

bana04.jpg

*****************************


Masumi Eitaka

Facebookページも宣伝







[ 2015/02/20 13:38 ] ☆レジン | TB(-) | CM(5)

お久しぶりです。
今回も読んでいて楽しい記事で毎回読むのが楽しみです。(何気に書籍第4弾もちゃっかり楽しみにしちゃってます)
そういえば、先程ユウチューブを見ていたら気になる動画を見つけました。
こちらで良く使われているエポキシ接着剤の気泡を取り除く方法なんですが、トイレの脱臭スプレーを軽く一吹きするだけで泡が消えちゃう様です。
エポキシ接着剤 アクセサリーと検索したら、エポキシ接着剤の撹拌で発生する気泡を瞬間脱泡する方法(乾重幸様投稿)というタイトルで載っています。
興味がありましたら是非試して見てくださいね。
うちも買いに行こうかな。(笑)
[ 2015/03/05 05:10 ] [ 編集 ]

イベントお疲れ様でした!

さっそく質問なのですが、石粉粘土で源氏パイは作れますか?
すぐに崩れたりはしないのですかね?
[ 2015/03/05 23:39 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

宮武さま

コメントありがとうございます(*^。^*)
素敵な情報をありがとうございますm(__)m
You tube拝見しました。
すごいですね~!
私も今度試してみようと思いますっ!
ありがとうございました!
[ 2015/03/06 22:02 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

もんぷちさま

コメントありがとうございます。
源氏パイ、作るなら、石粉粘土で作るならハートの形にした後に、カッターなどで筋を入れるという手法で作れば、崩れる・・・ということはないと思います。

今は100円ショップでは樹脂粘土も売っているので、樹脂粘土で作るのもいいかと思います。

今度、作ってみたいと思います。(^_-)-☆
[ 2015/03/06 22:04 ] [ 編集 ]

お返事ありがとうございます。

樹脂粘土の場合は白に黄土色の絵の具で着色してからがいいんですかね?それか黄色ですかね?

源氏パイの作り方よろしくお願いします。
楽しみに待ってます( ^ω^ )
[ 2015/03/08 23:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する