Akihitoさんの特殊メイク講座に行ってきたよ(*^。^*)

またちょっと御無沙汰してしまいました(~_~;)


さて、今日は5月31日に「Akihito特殊メイク講座」に行ってきたのですが、その時のことを記事にしたいと思います。

うちの息子は今6歳なのですが、今の夢は「特殊メイクアップアーティスト」になること。

昨年の秋、ヤンマースペシャル「誰かに自慢したくなる日本人」とういう番組をたまたま見た息子は
「僕は大きくなったらこれになりたいの!!!」といい、それからは3度の飯より物作りが好きな状態に。
その番組内で、Akihitoさんが「ハリウッドに行った際に、英語に苦労した」と言っていたのを聞いて「英語を習いたい」と言い出すほどに、夢中になりました。



「Akihitoさんに会いたいな・・・」という息子。
でもAhikitoさんはハリウッド・・・(T_T)

でも、その夢を先日叶えてきました!!

5月末、都内でAkihitoさんの出版記念イベントが行われました。
Akihitoの特殊メイクアートの世界~Heart of Art出版記念トークショー&セミナーです。
Akihitoさん来日です~!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ちなみにこの度、Akihitoさんが出版された本はこちらです。
とっても素敵な書籍です。
Heart of Art -Akihito特殊メイクアートの世界-
book1.jpg


「子供が行くようなセミナーではないかも(>_<)」思いつつも、「この機会が息子にとってすばらしい経験になるはず!
この機会を逃してはダメだぁ~!!」と思い、講座に参加してきました!

こんなおチビちゃんが受講しても大丈夫かな?と心配していましたが、Akihitoさんも、セミナー主催者も、受講生の方も、皆、子供たちによくして下さり、子供たちにとってこの上ない貴重な経験となりました。
(皆様、本当にありがとうございました。)

そしてセミナーの内容は、ためになることがいっぱいで「受講してよかったな・・・」と思いました。

映画製作の裏話などもたくさん聞けて本当に良かったです。
講座のおかげで何かを作りだす際の「こだわり」について自分の中でちゃんと肯定できるようになれたことはよかったなぁ~=^_^=
講座の動機は子供でしたが自分にとっても本当に価値ある講座でした。

本を作る時も型を作る時も、私はこだわりが強すぎて、いつもかなり遠回りをしてしまいます。
(そんな理由で未だにビーンズを販売出来ずにいます(~_~;))
「無駄な時間とお金をたくさん使ってしまった・・・」と落ち込んだり、「なんで、自分はちゃんと最初から上手く出来ないんだろう・・・」って歯がゆくなったり、誰かに依頼する部門では何度も修正をお願いしたりして、「嫌な奴だと思われているだろうな・・・」なんて思って落ち込んだり・・・。

でもハリウッド映画製作の現場でも工房でも、その無駄が想像を絶する程にあることを知り、「「こだわる」ということはそういうことなんだ」と思い、なんかふっきれました。
表には出なかったいろいろな努力やお金、時間などは、ある一つの結果へたどりつく為には必要なものであり無駄なことではないんだと、しっかり思えるようになれました。
「いいものを作りだしたいこだわり」というものにはつきものなのかな?って。

信念と勇気をもらえた講座となりました。


さて、ここまでは私の話(*^。^*)

ここからはAkihitoさんの素敵な作品を紹介しますね(^_-)-☆

子供たちは、憧れの傷メイクを実際にやってもらったり、特殊メイクアートをする工程を間近で見たりして、とっても興奮して喜んでいました。
傷メイクは・・・とってもリアルで素晴らしいのですが、きっと血とか苦手な方もいるかと思うので、あえて画像を載せるのやめときますね(笑)
傷とか血とか私は息子のおかげですっかり慣れちゃったけど。

モデルのLinaさんに実際に素敵な特殊メイクをしているところの画像を紹介します。
DSC03595.jpg
DSC03596.jpg
DSC03600.jpg
DSC03604.jpg
この模様はAkihitoさんがデザイン、制作したもの。
彫刻した模様を原型にモールド(型)を作成し、そこに皮膚に貼り付けてもいい特殊な材料を流し込んで作ったシール(?)を貼ってます。

神秘的でステキでしょ~(*^。^*)
書籍ではAkihitoさんの素敵な作品がたくさん載ってます(^_-)-☆
特殊メイクや映画の裏側に興味のある方はオススメです\(^o^)/

あと、このモデルのLinaさん、とっても気さくで可愛らしい方で、すっかりファンになっちゃいました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆Linaさんの今後の活躍もとっても楽しみです\(^o^)/


続きましては彫刻実技!
こちらは受講生からのリクエストに答えて作った彫刻。
Akihitoさんがわずか1時間で制作したプレデターです。
すごいでしょ~!!!!
DSC03644.jpg
DSC03626.jpg
DSC03649.jpg
DSC03656.jpg
DSC03655.jpg

どんどんプレデターになっていくんだからすごい!!
しかも何も見ないで作っているんですよ。
人の体の構造を知ることが大事みたいです。
やはり、本物をよぉ~く観察する力が大切なんですね~。
私も作ってみたくなりましたっ!

ちなみにこの粘土は水粘土という粘土だそうです。

最後に、Akihitoさんから受講証を頂き、サインももらい、とぉ~っても贅沢な講座を終えました。
本当に素敵な一日で、やっぱり物作りって楽しい~!!と思いました。
DSC03674.jpg
DSC03675.jpg

今回の講座に参加し、私もすっかりAkihitoさんのファンになりました。
書籍の「はじめに」と「おわりに」を拝見し、そのお人柄の素晴らしさにも感動。
今後のAkihitoさんのご活躍を心よりお祈り申し上げます。

以上、とっても素敵な一日の紹介でした。


さて現在、私は急ピッチでビーンズの型の仕上げと、これからのお店のイベントの準備を進めております。

もう少ししたら、お店もかなり動き出すのでしばしお待ちを。
(って、前にもそんなことを言っていたな・・・)

3冊目の情報もあと、しばらくお待ちを~

あと、コメント本当にありがとうございます。
なかなかお返事出来なくて申し訳ないのですがしっかり見てますっ!
そしていつも幸せな気持ちになってます。
本当にありがとうございます。

ではまたぁ~(*^。^*)

~おまけ~
purin09_201405271806581d8.jpg

私もつい最近、学生さんの映画製作用小道具を作製して納品しました。
依頼主はイメージに合うプリンのストラップがいくら探してもなくて困っていたとのこと。
そんな時、私のプリンのストラップの作品を見つけ、それがイメージとピッタリなので、是非作って欲しいとのことでした。
撮影日が間近で超スピートで作って送らなければいけなかったのですが、Akihitoさんの話を聞いて、映画製作ってそういうものなんだなぁ~なんて思ったりもしました。
Akihitoさんの映画の裏話の中に、ハリウッド現場の道具などが驚くほどの短時間で作製されていることを知り、スピードが必要なのね・・・としみじみ思いました。それにくらべ普段の私のスローペースなこと・・・。

依頼主からはエンドロールに私の名前入れますと言われました(*^。^*)
「Akihitoさんが映画を見る際はエンドロールまで見て欲しい。それが自分たちのご褒美だから」って言っていたのすが、講座を受ける直前にこんな出来事があったので、妙に共感しちゃったなぁ~。
規模はとっても小さいけれど、もしかして私もAkihitoさんと同じような仕事した?(笑)

この前、依頼主より「撮影終わりました。」といってキャストさんがストラップを持っている写真とともにお礼のメールが来たのですが、とてもうれしかったです。

おまけ・おわり。




*****************************
私のお店で~す\(^o^)/
型で簡単!ハンドメイド大好き応援ショップ
「Happy Future」
bana02.jpg
オリジナルシリコンの型・資材・レジンを販売してます(^_-)-☆
遊びに来てもらえたら嬉しいなぁ~(*^。^*)

bana04.jpg

*****************************


楽しかったよぉ~\(^o^)/ポチっ!
っとこれ↓押していただけたらうれしいなぁ(*^。^*)



↓他のスイーツデコ関連ブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
にほんブログ村

↓他のエポキシ樹脂関連のブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
にほんブログ村










[ 2014/06/06 12:50 ] ☆ひとりごと | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する