サンプル作品の作り方パート1

今日は、サンプル作品の作り方をざっくりとご紹介致します(*^。^*)

その前に、ショップで販売している資材の大きさがわかる画像を作ってみたので、ご覧くださ~い(*^。^*)

size02.jpg

なぜ、この画像を作ったかというと・・・。

私がネットショップでお買い物する時や、今回仕入れをした際、大きさのイメージがいまいちつかめなくて、イメージと違う買い物をけっこうしてしまったから・・・。

はじめて、スイーツデコのパーツをアクセサリーに加工しようと思った際も、どんな大きさの物を買えばいいのかわかならなくてとっても困ったから・・・(>_<)

どの大きさのパーツを使うかは、個人の好みなのですが、それでもなんとなくのサンプルとかあったら嬉しいな・・・っていつも思っていたので、大きさのわかる画像や、サンプル作品を作ってみたというわけです。

私もまだまだ未熟者なのですが、少しでも皆さんのお役にたてたなら幸いです。



それでは、この度、販売するサンプル作品の作り方をご紹介いたします(^_-)-☆


ハートのプレートバックチャーム

chain50.jpg
saku17.jpg


■板チョコ
■くまチョコ・・・HF(Happy future)のシリコンの型を利用
        (着色は、タミヤカラー(詳しくは、別記事で説明)

■ハートのプレート・・・HF
■お花の透かしチャーム・・・HF
■ロゴリボン(ブラウン)・・・HF
■小豆チェーン(L/M/S)・・・HF
■カニカン付きストラップ・・・HF
■ラインストーン

ハートのプレートについているクマちゃんや板チョコはHFで販売するシリコンの型で作りました。
エポキシ系接着剤で作ってます。
着色剤はタミヤカラーです。(詳しくは別記事で詳しく説明します。)
エポキシ系接着剤は時間が経つと黄ばむのですが、茶色や黄土色などは、黄ばんでも、ほとんどわからないので、GOOD(^_-)-☆

ハートのプレート、お花の透かしチャーム、チェーン、リボンには4mmの丸カンを利用。
カニカンとつながっている部分などには6mmの丸カンを利用。

ハートのプレートはLサイズのチェーンについています。

そのLサイズの長さはリング8つ分。

作品を作る時、この主要パーツがついているチェーンの長さで作品全体のイメージやバランスが決まるので、いつも悩みます。

この作品はリング8つ分がちょうどいいな・・・と思い、この長さにしました。
リング一つ分長さが違うだけでも、けっこうイメージって変わるんですよね~(>_<)

いつもストラップなどの作品を作る際には、まずこの長さを決めるのですが、何度も短くしてみたり、長くしてみたりしてバランスを見ながら、一番いいな・・・という長さを決めます。
いつも一番悩みます。

両側についているSサイズのチェーン、Mサイズのチェーンの長さも、実際にぶら下げてみて、これくらいかな?と思う長さでカットします。

一つのお花の透かしパーツは全部のパーツが集結している6mmの丸カンに付け、もう一つのお花の透かしパーツはLサイズのチェーンの上から3番目に付けています。

このチャームを付ける位置も、けっこう毎回悩みます。

完成してみると、なんてことないデザインに思うのですが、結構一つ一つの配置を決めるのに、時間がかかります。

作ったパーツをプレートに貼りつける時は、ぶら下げた時のバランスを考えて貼りつけましょう。

<失敗例>
hanbai11.jpg

<バランスを見て付けなおしたもの>
saku08.jpg


スイーツデコを始めたばかりの時は、一つのデザインにたどりつくまでに3時間くらいかかってました(笑)
あ~でもない、こ~でもないって・・・。
自分の中で一定の法則みたいのができちゃうと、一つのデザインを考える時間も短くなっていくのですが、まったく作ったことのないようなジャンルの作品を考えるのは、とっても大変・・・。


ちなみに、ここに付いているお花の透かしパーツは、サンプル作品の販売日に販売開始致します。
とってもお手頃なお値段なので、お楽しみに~(*^。^*)

他のサンプル作品については、長くなったので、また今度~♪

ではまたぁ~\(^o^)/




[ 2013/04/18 11:35 ] ☆基本技術 アクセサリー加工 | TB(-) | CM(1)

こんにちわ~!
サンプルまで作り方があるとは、さすがです~
丸カンは、大きさによってはイメージと違う!
とかうまくつなげられなかったりするので、
きちんと表示してあるぶん、かなり助かります!
ハートパーツがまたかわいい~♪
[ 2013/04/18 16:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する