こんぺいとうの作り方のコツ

シリコンの型でこんぺいとうを作る時のコツ

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

konkata01.jpg

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

こんぺいとうをうまく作るポイント

*エポキシ系接着剤でキャンディなどを作る方法はこちらを参照ください(*^。^*)
「エポキシ系接着剤でキャンディを作る方法」

Point1
エポキシ系接着剤のコンディションを整えましょう(笑)

パーツを作る時は、エポキシが低温のために硬くなっていることのないようにしてください。(冬は注意です(>_<))

エポキシが硬いと・・・(>_<)

*細かい溝にまでエポキシがいきわたらない。
*出来た気泡がわれない。
*着色材とキレイに早く混ざらない。
*気泡で不透明度が増す。


となってしまいます・・・(ToT)


こんぺいとうに限らず、シリコンの型でパーツを作る時には、エポキシを少しあたため、力を入れなくてもチューブから液状で出てくるようでないと、パーツをきれいに作れません。

ちなみに、あたためるといっても、火には絶対にちかづけないこと!!!
カップにお湯を注ぎ、チューブを入れて湯銭してあげると温まります。
cookie152.jpg

Point2
こんぺいとうは一個づつ作りましょう

一個作る分だけのエポキシを板に出して作りましょう。
シリコンの型にエポキシを入れるのに手間がかかるので、2個分の量を出しても、2個目を作る時には硬化しかけているので、2個目がうまく作れなかったりします。

※エポキシの量が少ないからこその注意

エポキシの量が少ないと、硬化に失敗する可能性が高くなります。
しっかり硬化させるために、分量・混ぜ方・着色量などに気を付けてください。
といっても、ちゃんと上記の事に気を付けていれば固まりますのでご安心を~♪

硬化しない~(>_<)というQ&Aについてはこちらを参照下さい(*^。^*)
「エポキシ系接着剤のいろいろ情報」


Point3

まずはエポキシがやわらかいうちに、こんぺいとうの型のでっぱり部分にエポキシをいれていきます。
気泡が入らないようにしっかり丁寧に入れましょう。
DSC00182.jpg

すべてのでっぱりに入れ終わったら、全体に流し入れます。
この時、いれすぎないように注意しましょう。
DSC00183.jpg
画像では表面まで入っているように見えますが、実際はどちらか一方はちょっと少ない方がいいです。
二つのパーツを後ほど接着剤でつなぎ合わせるわけですが、貼り合わせに使う接着剤分、どちらかを少なめに入れておくと出来上がりが綺麗な形になります。

Point4

エポキシが固まったら、最初に入れた色と同じ色のエポキシを作り、片方の表面に塗ります。
DSC00239.jpg

印の部分を合わせて貼り付けます。
こんぺいとうの型にはどことどこを貼り付けたらいいか、ポイントとなる穴があります。
画像の丸の部分がその穴になります。
その穴の近くにあるでっぱり部分を合わせます。
kon2.jpg

穴を支点にしてパタッっとかぶせるようにするといいです。
kon3.jpg

この時、エポキシ系接着剤が少し固まりかけてから貼り合わせましょう。

ちなみにチビちゃんサイズのこんぺいとうはどこでつなげてもそれなりに見えます(笑)

Point5

つなぎ目を目立たせないようにするには、少しはみ出た接着剤で境界線を消すようにするといいです。
サクマドロップスの作り方にあるように、ラップごしになでてみたり、爪楊枝で馴染ませたりします。
candy95.jpg
DSC00243.jpg

もしツヤあり金平糖でよければ、全体にニスを塗ると、ほとんどつなぎ目は見えなくなります(^_-)-☆

Point6

アクセサリーにしたい場合は、型に切り込みを入れて、そこにピンをさしてからエポキシを流し入れるか、もしくはピンバイスやミニルーターで穴をあけて、ヒートンをさします。

mini17.jpg
mini14.jpg

私の経験からいうと、こんぺいとうは、後で穴をあけてヒートンをさす方が失敗しません。
穴をあける部分は、つなぎ目から離れた部分にしましょう。
小さいこんぺいとうでも、割れずに、うまく穴があき、ヒートンをさしこむことができました。
それに対し、ピンをさす方法だと、つなぎ目なので、かけやすいです。
いろいろ工夫してうまくアクセサリーにしてみてくださ~い(*^。^*)
kon01_20130120222919.jpg


以上がこんぺいとうの作り方になりま~す(*^。^*)




[ 2013/01/21 00:45 ] ☆作り方 キャンディ | TB(-) | CM(4)

か、か、かわいい~~~(*^^*)
やっぱり金平糖いいですね~☆

私も早く作ってみたいです~(*´ω`*)

家事や育児もこなしながらでとっても大変だと思いますが、お体にお気をつけて頑張って下さい☆
[ 2013/01/21 00:56 ] [ 編集 ]

シリコン型の金平糖があまりにも可愛くってつい購入してしまいました!

エポキシ樹脂も可愛いですが、紙粘土でもチャレンジしてみたいです°+.(ノ*・ω・)ノ*

紙粘土でやる場合のコツとかありますかね…?すけるくんで作ってみようとは思っているのですが…

本の製作や、主婦業等で何かとお忙しいとは存じますが、もしコツなどがあればぜひ教えて頂きたいです(((o(´>ω<`)o)))

[ 2015/06/21 16:06 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ゆかりふりかけさま

コメントありがとうございます。
お返事遅くなってしまい大変申し訳ございません。

金平糖、ご購入ありがとうございます!

粘土で作る時のコツですが、まず、粘土をいれる際、ちゃんと型にオイルを塗って、型から簡単に取り出せるようにすること。

また型から取り出したら、平らな部分をクリアファイルなどの上に密着させて、平らな部分は乾かないようにしておき、突起の表面をある程度乾燥させ、さわっても突起が崩れないようになったら、平らな部分同士を接着するとキレイにできます。

もしつなぎ目部分を消したいようであれば、アクリル系のニスで(100均なら工作用ニスなどで)使った粘土と同じものを溶き、溝に入れてならしてあげるといいかと思います。

そして、質感を光沢のあるものにしたい場合は、ツヤ出しニスを、マット系にしたい場合はツヤけしニスを塗るといいです。

ニスを塗る時のコツは厚塗りせずに、薄く塗ること。乾いたら重ね塗りすること。
丁寧にニスを塗ってあげることで、仕上がりと強度をアップさせることが出来ます(^_-)-☆

もし急ぎでお返事が欲しい時は、ショップの問い合わせ、もしくはブログのメールフォームから問い合わせ頂けましたら、すぐにお返事します(^_-)-☆
また何かございましたらお気軽にお問い合わせ下さい(^_-)-☆
[ 2015/06/29 12:11 ] [ 編集 ]

masumirai様、お忙しい中、お答え頂き誠にありがとうございます!
ぜひ、masumirai様のやり方でお作りさせて頂きます。
貴重なアドバイス本当に嬉しいです(*´д`*)
ブログ更新毎日心待ちにしております。
これからもお体に気をつけて頑張って下さい。
本当にお世話になりましたm(_ _)m
[ 2015/07/03 22:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する