100円ショップの材料を使ってのスイーツデコやレジン作品を紹介

2012/02/27(月)10:51
さて、前回に続き、チョコ作りとなります。

以前、チョコソースの作り方は説明しましたが
再度おさらいということで、説明いたします。

というか、前の記事をコピペ+αさせてもらいますぅ~。

<チョコソースの作り方>

<チョコレートソースの材料>

1. 絵具

  チョコレートを作るなら・・・
  茶色+黒
  茶色の絵具はダイソーのポスターカラーを使用。
  アクリル絵具も試しましたが色が悪くて却下。
  ビターチョコを作りたい時は黒の量を増やせばOK。

  苺チョコを作るなら・・・
  赤+白+黄色
  赤の絵具はダイソーのポスターカラーを使用。
  アクリル絵の具の赤だとおいしそうな色ができなくて却下。
  黄色は本当に少しだけね(^_-)-☆

ちなみに、色見本は、「100円グッズでスイーツデコパート2」に
あるので、本屋さんで見かけた際には、色見本のページをチェックしてみてね(^_-)-☆

2. 木工用ボンド(ダイソーで購入。乾くと透明になります。)

3. 100円ショップダイソーの工作用ニス
nisu04.jpg
*セリアのニスや粘土ニスなどはダメ。混ぜたら硬化しちゃいました。
たぶん、たぶんですよ。
有機溶剤がはいっているタイプのニスはだめなんじゃないかと思うんです・・・。
成分表示のところで、エチルアルコールとか
有機溶剤って書いてあるニスだと固まっちゃうのかな?なんて・・・。

実験した時に、固まってしまったニスの成分表示には
これから記載されていたから・・・。
工作用ニスにはこの表示はないんですよね・・・。
そんなことから、そのように思いました。

あっ!あくまで推測です。

<作り方>
1. 色を作ります。
  ボンドをいれることで色が変わって見えるから
  ボンドをいれる前にしっかり自分の好みの色を作りましょう。

chocolate60.jpg
  

2. 好みの色が出来たら木工用ボンドを入れて混ぜます。
  入れる量の目安は、絵具の量の半分くらいです。
 
chocolate59.jpg
  
3. このままでは粘ばりけが強すぎてきれいに塗れないので
  これをもっとサラサラソースにするために
  ダイソーの工作用ニスを混ぜます。

工作用ニスを入れるときはこれを使うと便利です(^_-)-☆
スポイト)^o^((100円ショップで買えるよ(^_-)-☆)
chocolate58.jpg

chocolate57.jpg



  ニスをいれる量の目安は、まずは絵具+ボンドの量の1.5倍くらいを
  入れ、その後、ソースがサラサラになるまで少しづつ足していきます。

  少しづつ様子を見ながら入れてみてください。
chocolate56.jpg

  つまようじでソースを上から垂らした時に
  すぐにまわりのソースとなじんで
  落ちたソースの跡がつかないくらいになればOK。
chocolate55.jpg

これでチョコソースは完成!!
後は、石粉粘土で作ったチョコに塗ればOK!

では、塗り方を説明いたしましょう!

<チョコソースの塗り方>

チョコソースを塗る時に、是非とも使って欲しいアイテムがあります。

それは・・・

牛乳パックをカットして(厚紙ならなんでもOK)
ラップを巻いたものです。
chocolate75.jpg
ラップはピンとはって、ちゃんと裏はテープで止めてね(^_-)-☆
chocolate76.jpg

これはね、チョコソースを塗る時のマストアイテムです!
この板の上で塗ると、とっても塗りやすいの。
板をくるくる回しながら塗れるから塗りにくくなることがない!
石粉粘土にピンをさしておいてそこを持って・・・とかしなくてもいい!
手が汚れない\(^o^)/
チョコの裏側はどうするの~?って思うかもだけど、心配無用!
ラップが巻いてあるから、あとではがれるから
表が乾いたら、裏返して塗ればOK!

一個に一つの板を用意するといいです(^_-)-☆
めんどくさいと思うかもだけど、塗る時はとても楽になるし
仕上がりがキレイになるので、おためしあれ~。

不便さ解消グッズとして編み出されたものですっ!(笑)(^_-)-☆

では、この板を使って塗るところを説明しま~す。


さらさらチョコソースを塗っていきましょ~。
chocolate54.jpg

塗るというより、垂らしていく・・・って感じ。
たっぷり、垂らして塗っていきます。
chocolate53.jpg

塗り終わったら、周りにたっぷり垂れているソースを
とるために、板のはじっこに移動させて、そこで乾くのを待ちます。
移動するときに引きずることで余分なソースは落とします。
落ちるまで板の引きずってね(笑)
chocolate52.jpg

表が乾いたら、ひっくりかえして、裏を塗ったら完成!!
chocolate51.jpg

<ポイント>
塗っている時に
「ソースが塗りずらいなぁ・・・。」って感じたら
ソースがサラサラじゃなくなってきている証拠。
工作用ニスを足して、サラサラにしてから、また塗り始めましょう!

以上で、チョコの作り方は終わりで~す!
次回は、アイスチョコ(ピ○風アイス)の作り方を紹介しまぁ~す!

追記 2012.6.20
チョコソースを塗る時は、まず、裏側から塗るといいです。
とりあえず、裏を塗ります。
munro32.jpg
上記では最後に裏面を塗っていますが
最初に塗っておいてしまった方がいいと思いました。
たぶん、この方が作業効率がいいです(^_-)-☆
せっかく表をきれいに塗ったあとに、ひっくり返して
もし表面が汚れてしまっても嫌ですし(^_-)-☆

ある程度乾いたら、ひっくり返して、表を塗りましょう。


P.S
只今、コメントのお返事お休み中・・・。ごめんなさい・・・(>_<)


次回も楽しみにしてまぁ~す!(^_-)-☆ぽちっ
っとこれ↓押していただけたらうれしいなぁ(*^。^*)







コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです(^^)/

私のブログにリンク張らせていただきました!(^^)!

また私のブログに遊びに来てください!

http://style7568.blog.fc2.com/
2012/02/27(月) 13:00 | URL | Asari #2sskWqs.[ 編集]
こんばんは~。ちょっとお久しぶりです☆
土日、スキー旅行に行っていたので、ブログ見られませんでした・・・(T。T)
金曜も、学校から帰って、
 荷物の準備 → お風呂 → 食事 → 出発!  
  ・・・てな感じに、空き時間なしだったので、3日間パソコンお預けでした・・・
まあ、ネットの見すぎは良くないし、これくらいガマンできなきゃダメなんですけどね(^^;)

そして、スキー、やってきたんですが、どうやら私には向いてないみたい・・・(苦笑)
毎年行ってるのにほとんど上達しないわ、めちゃくちゃ寒くて死にそうだわ、
自分には苦痛な時間が多かったです・・・(×o×)。

さて、記事が違いますが、型を使わないドーナツ、キレイに作るの難しいんですよね~(>□<)
穴がなだらかにならないというか、型を抜いたような穴になるというか・・・
masumiraiさんのドーナツは、全てきれいな穴でしたよね?
穴は、ストローであけてるんでしょうか??
早く作り方うpしてほしいです(≧∀≦)!
ああ、焦らなくて良いです!がんばってくださいね!

チョコレートも作りたいです!トリュフなんか、リアルですよね~(´ω`)
型が不要で手軽なところも魅力です(≧ω≦)!
色んな味のコーティングで量産してみたいなぁ~♪
2012/02/27(月) 18:33 | URL | kabocha #-[ 編集]
チョコソース、ポッキーにも使えそうですね!
やってみたいですi-237
2012/02/27(月) 21:08 | URL | satoko #4nHpPTls[ 編集]
本では分かりにくかった、チョコソースの塗り方まで詳しく載っていて、よく分かりました!!
あんなにたっぷりソースをかけて、移動させて乾かすのがポイントだったんですね♪
いつも、塗りにくいなァ・・・と思いながら、左手で押さえたりしてたので、左手がチョコでべたべたになっちゃってました(^^ゞ
ありがとうございました!!

※1月28日頃のコメントで、「相互リンクさせていただけないでしょうか」と言うコメントを投稿させていただいたのですが、お忙しいから、なかなかリンクしてもらえないのか、コメントが多すぎて見落とされてるのか、見たけどこんなブログではリンクなんて許可できないって感じなのか、どういう事なのかなぁ・・・と、考えちゃってます(>_<)
とってもお忙しくされてると思うので、いつでも良いですが、リンクしていただけると嬉しいですm(__)m
2012/02/27(月) 23:29 | URL | のんたん♪ #-[ 編集]
夜分にごめんなさい
昨日書き込みしたあきんこです。
すぐにコメ頂けて嬉しい&幸せです!

石粉ねんど+100均紙ねんど少々で数日前に作っておいたチョコ(みたいな物体)で
早速チョコソース試してみました。
そしたらなんと、美味しそうなチョコレートに仕上がりましたよ♪

私の場合、ダイソーのニスではなく、セリアのニスでも作れました。
セリアでは何種かニスがあるらしく、私が最初使ったトロットロのセリアニスでは凝固。。。
後で購入したセリア製の別のニス(さらさらな感じ)で上手く行きました。

つやっつやではなく、本当にチョコ!みたいな何ともいえない質感がすごいですよね。
masumiraiさんのアイディアは本当に脱帽です。

では、夜分失礼致しました。(*^^*)
2012/02/28(火) 04:01 | URL | あきんこ #pJfCQZiE[ 編集]
Re: タイトルなし
のんたん♪さまへ
コメントありがとうございます~!!
いや~ん!リンクしたとばかり思っていたら、リンクされてないじゃないですかぁ!!
本当に、本当にすみませんでしたぁ!私、何やってるのかしらぁ!
今、リンク完了しました!(^_-)-☆再度、依頼してくださって、本当にありがとうございました!
ボケボケなことたくさんあるので、これからも、「あれ~?質問の答えないなぁ?」とか色々気づくことがあったら、遠慮なく、おっしゃってくださいね~。そうしてくださると、本当に助かりますっ!!
ありがとうございました!
にしても・・・。のんたん♪さま、エポキシの達人ですね!)^o^(
すごいです~!!
2012/02/29(水) 09:54 | URL | masumirai #-[ 編集]
すごいです(^<^)
チョコソースを作っても
上手くいかないのでとても参考になりました!
ありがとうございます(=^0^=)
2012/09/23(日) 10:42 | URL | noa #-[ 編集]
おととし、スいーツデコを始めた小6です

私はボンドがなかったので、粘土を水で溶かして、白いガラス絵の具、好きな色の絵具(私は水性絵具を使いました)粘土ニスをまぜてチョコソースを作りました。キャンドゥさんの紙粘土を使いましたが、気風もできることなくリアルに仕上がりましたよv-364
入れた量は計量せずにカンでやったので、参考にはならないけと思いますが・・・。
2014/05/30(金) 09:46 | URL | る~たん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
る~たんさま

コメントありがとうございます。
わ~!すごいアイディアですね\(^o^)/素敵な方法、教えてくださってありがとうございましたぁ!
2014/06/06(金) 12:07 | URL | masumirai #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
注意事項

著作権や注意事項

このブログ内の画像・テキスト等の無断転載・ 複製は御遠慮ください(^_-)-☆ 無断じゃなきゃOK!! copyright 100kinsweetsです。 リンクは大歓迎で~す(*^。^*) リンクは許可いりませ~ん(^_-)-☆ このブログではしばしば型とり技術を紹介しております。メーカーのお菓子、キャラクターものなども・・・。でもこういった商品には著作権があります。型をとった作品など、個人で楽しむ程度にしておきましょう。販売、商業目的などで使用するのはやめましょうね(^_-)-☆

ブログランキング

ブログランキングに登録しています。もしブログを気にっていただけましたら、毎回バナーをクリックしていただけたら幸いです。

FC2Blog Ranking

ブログランキング
ブログ閲覧用目次
目次

検索フォーム

取引先関連企業

♪いつもお世話になっている素敵な会社をご紹介♪



株式会社ミナロ minaro.png
モックアップ、木型モデル加工、治具製作
テムコファイン株式会社
bana.png
ウレタン・エポキシ・シリコーン等造形素材の開発・販売
有限会社 光沢
koutaku.png
試作屋、プラスチック製品の総合プランナー
総合ホビーショップ ケイ・ホビー logo-out2.jpg

スカイホビー
sky

プロフィール

masumirai

Author:masumirai
永高真寿美(masumirai)

小学生2人の母。
2009年ブログを開始。
書籍「100円グッズスイーツデコ」 (主婦と生活社)シリーズの著者。
オリジナルシリコンモールドショップ「Happy Future」のオーナー。
2014年9月、NHK情報番組「あさイチ」に出演。

詳しいプロフィールはこちら

Facebook
ショップ案内

ハンドメイド大好き応援ショップ Happy Future

手作り大好き!応援ショップHappy Future

私のお店です(#^.^#) 手作りのオリジナルシリコンの型やアクセサリー資材、レジンなどを販売しております(^_-)-☆遊びに来てね(*^。^*)

オフィシャルページ

bana06.jpg

永高真寿美(masumirai)の公式ホームページです(^_-)-☆

書籍紹介

ブログが本になりました!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

FC2カウンター

 | 100円グッズ活用スイーツデコTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
まとめ