レジンオレンジとチョコアイスのストラップ

レジンオレンジとチョコアイスのストラップ

前回はこんな↓オレンジの作り方を紹介しました。
orange61.jpg

そして、記事の終わりに
レンジで作ったオレンジパーツもとっても素敵なんですよ~との予告。


本日は、予告通りにレジン製のパーツを使った作品を紹介致します。

こちらがレジンで作ったオレンジになります。
(レジンはプロクリスタル880を使いました)

表から見るとこんな感じ。
orange81.jpg

そして裏から見るとこんな感じ(*^。^*)
orange80.jpg

表側はニスを塗らない場合は曇りガラス状に見えます。

でも裏から見るとツヤツヤの中に果肉の部分だけが曇りガラス状に見えて
ちょっと神秘的(*^。^*)

レジンなら透明感のあるオレンジを作ることができます(^_-)-☆

表と裏と違う雰囲気を持ったパーツというのも
なかなか味があっていいものです・・・(#^.^#)

このパーツを見た時、すぐにチョコアイスとの組み合わせが頭に浮かびました。

そうして出来た作品がこちらです(^_-)-☆
orange77.jpg

ちょっとビターな感じの大人可愛い雰囲気が個人的には気にいってます(*^。^*)
orange79.jpg

表から見た時のチョコアイスとオレンジも
裏から見た時のチョコアイスとオレンジもとっても素敵)^o^(
orange78.jpg

どこから見ても素敵ってすごく魅力的です(#^.^#)

是非作って実物の魅力を実感してみて欲しいです~)^o^(



さて、このオレンジの型くるくるキャンディの型と同様に
型に切り込みを入れ、そこにピンをさしてパーツを作ることも可能です。
でもレジンの場合は粘土が低いので
ピンをさすタイミングは少し硬化がはじまって粘土が高くなってからの方が
切りこみから液が出てこなくていいです。

ただ、この待つ時間などを考えると
レジンの場合は完全に硬化してからハンドドリルで穴を開ける方が適している気がします。

そこでハンドドリルで穴を開ける際のポイントをちょっとご紹介いたしますね(^_-)-☆

この作品のオレンジにさしてあるのは
お店で販売しているSSサイズのヒートンです。

これをさすために、1mmのドリルで穴を開けました。

この際、どこにピンをさすかオレンジの模様を目印にして決めます。
orange68.jpg

そして横からも確認してさす位置を決めましょう。
orange67.jpg

このようにバランスのいい位置にピンをさすことも作品を素敵に見せるためには
とても大切です(*^。^*)



さて、今日は最後に、とっておきのアイテムをご紹介いたします。

この前、ひさびさに一人でゆっくりとセリアさんでお買い物しました(*^。^*)

そこで、とっても素敵なアイテムを見つけました\(^o^)/

こちらの透かしプレートです。

sara01_20130731161047653.jpg
sara02_20130731161049ca2.jpg

ずっとチョコアイスを乗せるお皿を探していて見つけたのがこのプレート♪

これをお皿に見たててチョコアイスやプリンを乗せると
とっても上品に見えるスイーツに早変わり!

先ほど紹介した作品でも使ってます(^_-)-☆

このアイテムを使った作品をたくさん作ったので
今後どんどん紹介していきますのでお楽しみに~(*^。^*)

追記
実は以前、shiaさまが、コメントでこのプレートを紹介してくださってました!!
当時は、このプレート、私のいきつけのセリアさんになかったため確認できずにいたのですが、
今こうして実物を確認することが出来たら本当に素敵なプレートでした!!
shiaさまのご提案通りでした!!
当時、素敵なこのプレートの情報を教えてくださったshiaさま、本当にありがとうございました!!



次回は、このオレンジ↓を使った作品を紹介致します。お見逃しなく~\(^o^)/
orange61.jpg

ではではまたぁ~!!

ショップのアドレスはこちら↓
ハンドメイド大好き応援ショップ Happy Future


参考になったよぉ~\(^o^)/ポチっ!
っとこれ↓押していただけたらうれしいなぁ(*^。^*)



↓他のスイーツデコ関連ブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
にほんブログ村

↓他のエポキシ樹脂関連のブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
にほんブログ村