ロールケーキの作り方プラス

お久しぶりです。
長らく、更新、コメントのお返事してなくてすみませんでした(>_<)

りんご狩りの当日は、雨でしたが、りんご狩りしてきましたぁ。
カッパ着て、たくさんのりんごをとってきました。

帰りは渋滞で、三時半頃に新潟を出たのですが、家に付いたのは九時近く。

帰ったら、もうヘトヘトで、一人で荷物を降ろすので精一杯(>_<)

なもんで、部屋はもうめちゃめちゃ。
これを片付けるのに次の日は一日費やしてしましました。

その次の日は、昔からの友人が遊びに来ることになっていて、
終日、いろいろ語って一日が終わり・・・。

するとまた祝日。子供たちはお休み。

とまぁこんなんで、コメント返したい~!更新したい~!と思いつつも
こんな時期になってしまいました。

一日って本当に早いです。

コメントのお返事を全部書いてから、更新しようと思い
昨日から、コメントのお返事を書いてたのですが
なかなか先に進まない~(>_<)
今回はたくさんのコメントなので、時間がかかるわけですが
でも、コメントのお返事は絶対したいと思ってます!

応援や、本の感想など素敵なコメントをプレゼントしてくださった皆様に
どうしてもお礼をいいたいです。
でも、なかなかお返事出来てなくて、お待たせしている皆さま、本当にすみません!

コメント終わったら更新しようと思ってましたが
このままじゃ、いつまでたっても更新できないので
今日は、まずは更新することにしました。

コメントのお返事は必ずしますので、もうちょっとお待ちくださいませ~(>_<)





今日は、ロールケーキの作り方の秘話?をお話したいと思います。

今回、本に載せたロールケーキ。

実は、撮影間際まで作り方が決まらなくて、泣きそうでした。

担当者には「表紙は、ロールケーキがいいな・・・」とリクエストをいただくものの
ロールケーキを作れなくて、
ロールケーキ掲載をカットできないかと思ったくらいでした。

なので、みなさんに、「ロールケーキを作ってみたいです」
「ロールケーキに一目ぼれしました」とか言われますと
「あ~、諦めなくてよかったぁ・・・」となんかじ~ん・・・としてしまいます。

一番はじめ、ロールケーキの作り方を載せようと決めたとき
担当者には、「掘って、クリームを詰める」方法を紹介したい
と伝えました。

しかし、しばらくすると
「なんでこのやり方で作る必要があるのか」
と疑問に思い始めてしまって
「なにも、掘るやり方じゃなくても巻いて作る方法でいいんじゃないか?」
と思い、巻いて作る方法を約1ケ月間、研究しました。
掘る方法ではなく、巻く方法でいいやり方を見つけようと決めたのです。

でも・・・

「どれくらい乾燥したら、カットしていいのかな?」とか
「どれくらいの大きさのシートを
どの厚さで作ったら理想の形になるのかな?」とか・・・。

とにかく、いろいろ作っては失敗というのを繰り返すうちに
わけがわからなくなってしましました。

私が求める作り方は、

「誰でもコツをつかめば同じような作品を作ることが出来る。」

ということなのに、巻いて作る方法を試して1ケ月
この答えを見つけられませんでした。

一カ月も頑張ったのに、この結果・・・。
悔しいし、焦るし、もうどうすればいいんだろう・・・って感じでした。

一カ月も頑張ったから、なんとか巻く方法で!!ってこだわってたのですが
開き直る瞬間が訪れました。

一カ月も巻いて作る方法を考えたのに、誰でも簡単に、手間いらずで作ることが出来ない。
要するに、巻いて作る方法をやめればいいんだと。

で、一番初めに思った「掘る」やり方を追求することにしました。
でも、すでに、撮影のための作品を納品しなければいけない時期になってまして
そりゃ~もう焦りまくりました!!

本に載っている作品。
すべてを半月ちょっとで作り上げました。
デザインを考えるのもその時間内です。

その中で、作り方も考えながら・・・。

そうして、ロールケーキの作り方が決まりました。

「なぜ、巻かずに、掘るのか・・・。」
その答えを見つけるために、1ケ月も費やしてしまいました。(笑)
当時は「無駄に1ケ月を使ってしまった!!」って思いましたが
今思えば、巻く作業をあそこまで頑張らなければ
掘って作る簡単さを実感できなかったし
当初感じた「なぜ、巻かずに掘るのか?」の本当に意味がわからなかったので
あれはあれで、必要な時間だったのだと思うようになりました。

そして、ふたを開ければ
たかが「掘る」だけなのに実は奥が深かった・・・。

巻く方法は、なんとかロールケーキに見えるために労力を費やして
やっとなんとか作れた・・・って感じでしたが
掘る方法は、ロールケーキを作るために労力を費やすのではなくて
デザインを考えることに力を注げるというのが奥深いと思いました。

やはり、スイーツデコの醍醐味は、どんなテイストの物を作ろうかな?
って自分でいろいろ想像できるところにあると思います。

スイーツデコをやり始めたとき、私はプチケーキをいっぱい作ったのですが
すごく楽しかったです!!
何が楽しかったって、次は、どんな味でどんな形でどんなトッピングで作ろうかな?
って考える時間が楽しかったぁ!
そして、それが形になっていくのが楽しかったです!

なので、さんざん悩んだあげくの作り方ですが
この方法では色んなアレンジが可能で
初心にもどって楽しめるな・・・って感じで
よかったなぁ~って思いました。


さて、そんなこんなで、焦って作り方を考えたので
今頃になって、「あ~すればよかったなぁ・・・」ってことが出てきました。

今日はそれを紹介したいと思います。

1.石粉粘土+軽量粘土+黄色の絵具を混ぜた粘土で円柱(えんちゅう)を作って乾燥させます。

2.粘土が固まったら両端をカッターでスパッとカットします。

3.カットした面にクリームを入れる穴をデザインナイフで掘り
 (好きなクリームの形に掘る。なんなら、お気に入りキャラの形でもOK!)

4.掘った穴に、ボンドを塗り、白い軽量粘土をいれる。
 (苺クリームがよければピンク)

5.セリアさんのフルーツ棒などを薄くスライスして、
 接着剤を付けて、クリームに埋め込む。

とまぁ~こんな感じでロールケーキを作っていくわけですが
本ではそのクリーム面(カット面)の質感つけの説明はしてましたが
シュガーロールケーキの場合は、「全体も質感を付けた方が良かった!」と反省!

こんな感じで全体も水でぬらして、歯ブラシでガシガシと質感付けを
した方が、いいことを載せればよかったぁ(>_<)
これをしてから焼き色を付けると、よりリアルで可愛くなるはず。
roll38.jpg
roll37.jpg

もっとも、もうすでに、そうしていらっしゃる方もたくさんいるかもですが
シュガーロールケーキを作る際には、是非お試しあれ!

今回は、本に追加したい内容がありましたぁ~(>_<)ということで
作り方がちょっとしか紹介してないですが
そのうち、ロールケーキの作り方も画像付きでちゃんと載せるつもりなので
本をお持ちでない皆さま、もうしばしお待ちください~(>_<)


話はがらりと変わります。

スティーブ・ジョブズの言葉で
「毎日を人生最後の日だと思って生きよう」ってあります。

ここ数年、ブログに没頭し、子供は二の次になってしまうことが
たびたびあったのですが、
最近は、子供との時間をまず一番にしたいと思うようになりました。

本を出してから、更新あまりしなくなったなぁ~なんて思われる方も
いらっしゃるかもですが、本を出したからではなく
「人生最後の日に何をするか」と考えたとき、子供と遊びたい・・・
と思うので、一緒に遊んだり出来るこの時期を
大事にしたいと思うようになりました。

もう少し、子供が大きくなれば、嫌でも自分の時間が出来る事でしょう。
私なんていなくても勝手に遊びに行って
自分の事は自分でするようになるでしょう。

でも今は、子供は私を求めています。
なので、子供をないがしろにしてまで
自分の時間を作るのではなくて
本当に出来た余裕の時間をブログやスイーツデコに使っていこうと
思うようになったのです。

もっと更新したい!もっと作りたい!ここまで終わったら!
これもあれもと、やりたいことは山ほどあります。
でも、それはエンドレスな欲望で、ここまでやったから
満足・・・なんてことは私にはなくて・・・。

更新やコメントのお返事することは
私にとっては生きがいになってます。

なので、ブログをやめる・・・なんてことはないです。
本に載せた作り方も、面白い情報や、新しい作り方なども
今後も、どんどん載せていこうと思ってます。

でも、ちょっとのんびり、すすめていけたらなぁ~って思ってます。

あ~、今日は、語っちゃったなぁ~。

下の子お昼寝中。
上の子、もうすぐ小学校から帰ってきます。
それまで、またコメントのお返事書きしま~す\(^o^)/

なが~い文章、最後までお読みくださり
本当にありがとうございましたぁ!!

Amazon発売中
top03.jpg


気持ちわかるよぉ~(^_-)-☆ぽちっ
っとこれ↓押していただけたらうれしいなぁ(*^。^*)












[ 2011/11/25 10:55 ] ☆作り方 ケーキ | TB(-) | CM(67)