100円ショップの材料を使ってのスイーツデコやレジン作品を紹介

2016/09/13(火)14:57
 ハロウィンカップケーキを作ろう!


今日は、ハロウィンカップケーキ(鑑賞用)を作る時のコツを紹介しま~す。

12_20160913142717995.jpg



ちょっと前、ダイソーさんで、こんなスパンコールみたいなパーツをゲットしました。
これを使ってカップケーキを作ったら可愛いだろうなぁ~って思って、ハロウィンカップケーキを作ってみました。
IMG_0134.jpg
IMG_0132.jpg
すっごくいっぱい入っていて、お得感MAX!!


ではさっそく、作り方のコツ、紹介します\(^o^)/

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

クリーム部分の粘土選びが大切!!

なんといっても重要だったのが、粘土選び!!

発色のよい粘土でないと、ショッキングカラーのカップケーキは作れません。

ハロウィンカップケーキのクリーム部分はセリアさんの【エンジェルクレイ】やキャンドゥさんの【ミルキークレイ】で作ります。
もしくはダイソーさんの【樹脂粘土】。


セリアさんの【エンジェルクレイ】
DSC_0079.jpg

キャンドゥさんの【ミルキークレイ】
IMG_0208.jpg

セリアさん、キャンドゥさんで、これらの粘土をみかけたことありませんか?(*^。^*)

とっても軽くて、伸びが良くて使い心地がいいです(*^。^*)

この↓カップケーキのクリーム部分は、【ミルキークレイ】の蛍光ピンクとブルーを混ぜて作りました。

IMG_0165.jpg




初めて、【ミルキークレイ】を使ったときは、この↓【かる~いかみねんど】と何が違うの?と思いました。
どっちも軽いし、やわらかくて伸びもよい。乾燥後の出来も、とっても似ている。
違いは何?って。
なんで軽量粘土があるのに、【ミルキークレイ】が出たの?って思いました。

DSC_0094.jpg

でも、 使い慣れてくると【ミルキークレイ】&【エンジェルクレイ 】と【かる~いかみねんど】では異なる点が多々あることがわかりました。
材質表の内容は全然違うのですから、違いがあるのは当然なんですけどね・・・最初はよくわからなかったなぁ~

【エンジェルクレイ 】の材質 
DSC_0087.jpg

【かる~いかみねんど】の材質
DSC_0090.jpg


【ミルキークレイ】と【かる~いかみねんど】の違いは色々あるけど、大きな違いは発色!!!だと思いました。

【かる~いかみねんど】では、着色剤を入れたり、カラー粘土を混ぜ合わせたりしても、発色のきれいな濃い色を出すことはできません(>_<)
【かる~いかみねんど】は、パステルカラーなどは得意ですが、ハロウィンカップケーキのようなショッキングカラーは苦手。

なので、カラフルな色のクリームを作りたい時は、【ミルキークレイ】&【エンジェルクレイ 】などの粘土を選びます。

発色にこだわるなら
【ミルキークレイ】&【エンジェルクレイ 】です(^。^)


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

カップケーキスポンジ部分は【かる~いかみねんど】

クリームとカップの間に見えるスポンジケーキ部分。
12_20160913142717995.jpg

この部分は【かる~いかみねんど】が個人的にはおススメ。
理由は、【かる~いかみねんど】の方が質感を付けやすいから。

【かる~いかみねんど】と 【ミルキークレイ】&【エンジェルクレイ 】の違いの一つに、乾燥速度があります。

【ミルキークレイ】&【エンジェルクレイ 】は空気に触れている部分の乾きがとても早いです。
これはダイソーさんの樹脂粘土と似ています。

なので、質感を付けるときに、手早くやらないと、表面が乾燥して質感付けができなくなります。

ケーキのふんわりした質感や雰囲気を出すなら【かる~いかみねんど】の方がいいと思いました。

また、このケーキ部分の粘土の量ですが・・・

量に悩んだ時は、マカロンの型に粘土をいれてすり切りにした量を使うといいです(*^。^*)

IMG_0148.jpg
IMG_0150.jpg

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

【ミルキークレイ】&【エンジェルクレイ 】を使う時の注意点

【ミルキークレイ】&【エンジェルクレイ 】と【かる~いかみねんど】の違いの一つに、接着力があります。

【ミルキークレイ】&【エンジェルクレイ 】は、めちゃ接着力があります。
粘土と粘土なら接着剤がなくても、がっちりくっついちゃいます。

なので・・・

【ミルキークレイ】&【エンジェルクレイ 】で作ったクリームを、乾燥していないうちにケーキの上に、試し置き・・・とかNGです。
くっついちゃって、はがすのは困難です。

乾燥していないクリームをケーキにくっつける時は、置く場所をよぉ~く見極めて、緊張しながら付けましょう~(笑)


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

トッピングパーツ

IMG_0193.jpg

このカップケーキは9月10日のミニワークショップでお客様が作った作品(*^。^*)
トッピングパーツは100円ショップでそろいます(*^。^*)

スライス棒とか、カラースプレー、ナッツなどなど、セリアさんやキャンドゥさんには、トッピングパーツが充実しています。

いろいろデコってオリジナルカップケーキ作り。

とぉ~っても楽しいですよぉ~\(^o^)/

HFの【カップ&マカロン】【しぼり出しクッキー】の型、おススメですっ!!!
cup100.jpg


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

P.S
9月24日発売のレタスクラブにハロウィン用チュチュの作り方の監修者として紹介されまぁ~す。
書店でレタスクラブを拝見した際は、、是非ご覧になってくださぁ~い\(^o^)/


ではまたぁ~!




↓他のスイーツデコ関連ブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
にほんブログ村

↓他のエポキシ樹脂関連のブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
にほんブログ村


*****************************
私のお店で~す\(^o^)/
型で簡単!ハンドメイド大好き応援ショップ
「Happy Future」
bana02.jpg
オリジナルシリコンの型・資材・レジンを販売してます(^_-)-☆
遊びに来てもらえたら嬉しいなぁ~(*^。^*)

bana04.jpg

*****************************


Masumi Eitaka

Facebookページも宣伝


2016/07/21(木)16:28
~カップケーキいろいろ(*^。^*)~

今日は、HFの【カップ&マカロン】で作ったカップケーキをいろいろ紹介したいと思います(*^。^*)

カップの色、ケーキの色、クリームの色、デコレーションパーツ、etc・・・

それらを変えることで、本当に色々なカップケーキを作ることが出来ます。

また粘土の素材を変えて、キーホルダー、メモスタンド、ディスプレー用にすることもできます。

どんな素材で、どんなデザインで作るかを考えるのって本当に楽しいです。

型を使うと、おいしいとこどりで楽しめるので、やっぱり型っていいなぁ~って思います(*^。^*)

まずは、FBではもう紹介しましたが、ケイ・ホビーの女性スタッフさんの作品を紹介します。

「お店に飾る、サンプルを作りましたぁ」「とっても楽しかったです~」と言って、サンプル作品の写真を送って下さいました。

DSC_00056.jpg

すっごいですよね~!!!
めちゃめちゃ可愛い~ o(≧▽≦)o
デザインいっぱ~い!!
こうやって、たくさん作って並べると、すっごく可愛いですね~ o(≧▽≦)o

この型があれば、想像力を膨らませて、素敵な作品をいっぱい作って楽しんでくれるんじゃないかな~?って想像しながら、型を作っていたのですが、まさにそれが形となった写真で、すっごく嬉しくて幸せな気持ちになりました。

アニマルとかアリス風の女の子とか、私、考えつきもしなかったです。

すっごく可愛い~ o(≧▽≦)o

私もいろいろ作ってみたくなっちゃいます~!!
(でも急きょ夏休中、本の仕事が・・・(^_^;))

いや~、さすが、ケイ・ホビーのスタッフさんです!

現在、ケイ・ホビーさんでは、スイーツデココーナーの改装を行っております。

改装が終わったら、この可愛い~カップケーキちゃんたちを見に足を運んでみてくださぁ~い。
(改装が終わったら、このブログでも告知しますね(^_-)-☆)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

私も、型の販売前に、ちょっと作ったので、紹介しますね。

まずは、メモスタンド。

DSC_1191.jpg

メモクリップのワイヤーがちょっと太めで失敗しちゃったけど・・・(^_^;)
カップ部分は黄土色に着色した石粉粘土。
土台に重さと硬さが欲しくて、石粉粘土で作りました。

ワイヤーは、カップケーキが固まったらハンドドリルで穴を開け、ワイヤーをさしました。

DSC_1192.jpg

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

次はキーホルダーにするために、樹脂粘土だけで作ったカップケーキ
(樹脂粘土で作る時は課題あり(>_<)まだ思ったように上手く作れません・・・)
DSC_0013.jpg

2色使いのクリームにして、100円ショップのデコパーツなんかも乗せてみました。

こちらも樹脂粘土製
DSC_0012.jpg

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

クリームなしタイプも作ってみました。
DSC_1193.jpg
カップケーキの型を作った時から、クリームなしバージョンも作ってみたいと思っていて、アイシングカップケーキ作りたかったのですが、ちょっと試しに作ってみたものです。
100円ショップのいちごパーツもつかえるかなぁ~との実験も兼ねて作ってみました。
でもこのカップケーキにはいちごパーツはちょっと大きかったかな(笑)
もっとケーキ部分のボリュームがあればバランスがとれるかもだけど・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

あと、いつかやってみたいことが、カップケーキタワー
DSC_0022.jpg
このデザインのカップケーキを色違いでたくさん作って、カップケーキタワー作ってみたいです。
カップケーキタワーの土台も作りたい~(*^。^*)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

最後に、PPモールドの長方形で作ったリボンを乗せたカップケーキ。
DSC_1198_20160721164003a7b.jpg
このリボンの作り方は、次回紹介します(*^。^*)

おかげさまで、【カップ&ケーキ】売れておりまして、通常販売の画面ではソールドアウトに・・・(>_<)
現在、ご予約のお客様の分を発送しております。

来週初めには、ソールドアウト解消できると思います。

ではではまたぁ~!\(^o^)/

HF SiliconMold【カップ&マカロン
 
cup01_20160715212744e7c.jpg



↓他のスイーツデコ関連ブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
にほんブログ村

↓他のエポキシ樹脂関連のブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
にほんブログ村


*****************************
私のお店で~す\(^o^)/
型で簡単!ハンドメイド大好き応援ショップ
「Happy Future」
bana02.jpg
オリジナルシリコンの型・資材・レジンを販売してます(^_-)-☆
遊びに来てもらえたら嬉しいなぁ~(*^。^*)

bana04.jpg

*****************************


Masumi Eitaka

Facebookページも宣伝
2016/07/11(月)06:41
カップケーキの作り方

今日は、HFの絞り出しクッキーの型と、カップ&マカロンの型を使って、カップケーキを作る方法を紹介します。
cup300.jpg

ただ・・・
私自身、作り方はまだ発展途中です。
カップケーキ、奥が深い・・・(-_-;)

型もあるし、楽勝!と思っていたけど、そうでもなかった・・・
なかなか納得できるところまで到達できなくて意外と苦戦しました・・・(;^ω^)

悩んだのは、次の3点‥…━━━☆・‥…━━━☆

・全体的なフォルム 
これはカップとクリームの間のちょこっと見えるケーキの形と量によって、全体のフォルムが変わるのですが、自分好みのフォルムを見つけるのに時間がかかりました。

・粘土選び 
粘土の性質、質感によって、作品の出来が変わるので、どの粘土を使ったら、自分好みの見栄えになるか、また作りやすいのかがわかるまでに、時間がかかりました。

・ニス選び 
どのニスを塗ったら、イメージ通りのケーキに仕上がるのかを見つけるのに、時間がかかりました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・・‥…━━━☆・‥…━━━☆・


何個も作ってやっと、どうしたらいいのか、何を使えばいいのか、自分流のカップケーキの作り方が見えてきました。
これらを一つの記事で全部説明すると大変なので、今日はとりあえず、型の使い方だけ説明します。

上記の悩んだ点については、今度詳しく記事で紹介していきたいと思います(^_-)-☆


カップケーキの作り方(鑑賞用)

※説明で使用している粘土は、ダイソーさんの軽量粘土です。
 でもダイソーさんの軽量粘土より、セリアさんやキャンドゥさんの軽量粘土を使った方が、作りやすくいい作品が作れました。
 詳しい粘土選びについては、また別記事で説明します。


1)カップ&マカロンの型にオイルを塗ります (塗ってないところがないように全体にちゃんと塗ってね。しっかり塗ることが綺麗な形のまま取り出せるコツです。)
cup202.jpg

2)型に粘土を詰めます。
 cup201.jpg

3)型をひっくり返して、カップの底の中心部分を軽~く押します。
 オイルがしっかり塗られていれば、簡単にポロッって型から外れます。
cup218.jpg

4)カップを乾燥させます。
DSC_1021.jpg
 

5)クリーム部分を作ります。
 絞り出しクッキーの型にオイルを塗ります。こちらも溝の中、取り出し口の上の方までしっかりと塗ってね(^_-)-☆
 接着性の高い粘土だと、しっかりオイルを塗っていないと、上手く取り出せないので。
cup210.jpg

6)好みの色に着色した粘土を型に詰めます。
 このとき、溝の隅々までしっかり粘土がいきわたるように、ぎゅ~ってしっかり押してね。
 入れ方があまいと、クリームのギザギザが丸っこくってポテッっとしたクリームになっちゃいます。

7)型の取り出し口をしっかり均等にしっかり開いて型から取り出します。
cup211.jpg

8)クリームを乾燥させます。
 さしたりする系のトッピングパーツを乗せる場合は、粘土が柔らかいうちに、ここで差し込んでおきます。
cup212.jpg

9)クリームとカップの間に見えるケーキ部分を作ります。
 生地色(白の粘土+黄土色の絵の具)に着色した粘土を丸めます。
cup217.jpg

10)表面に歯ブラシや粗目のスポンジで質感をつけます 
(特にここで必ずつけなきゃダメっていうわけではないです。後でつけてもいいのですが、ここでちょっとつけておくと、後の作業を軽減できるので、一応つけておきます。)
cup216.jpg

11)カップの表面に薄くボンドを塗り、丸めた粘土を真ん中に置きます。
 (ボンドのつけすぎには注意です。余分なボンドがないよう、薄く塗ります。そうしないと、カップとケーキの間からボンドがはみ出ちゃってNGになります)
cup215.jpg

12)丸めた粘土を平たくつぶして形を整えていきます。
cup214.jpg
(ちなみに、この粘土はダイソーさんの軽量粘土。ダイソーさんの軽量粘土は伸びが悪いので、つぶした時に、ひび割れしやすいです。このケーキ部分の粘土選びもクオリティの高い作品を作りたい場合はちゃんと選ばないとダメです。)

ポイントとして、カップとケーキの境界線が隠れるように、ちょっとケーキ部分を押してあげると、ふんわり感も出るし、なんとなく自然な感じに仕上がります。
cup213.jpg

再度、歯ブラシやスポンジで形を整えながら質感をつけます。
(もしひび割れとかしていても、ここでひびなどを消しながら質感を作っていきます。)
cup209.jpg

13)カップにクリームをつけます。
 乾燥したクリームの裏面に薄くボンドを塗り、カップケーキに貼ります。
 (クリームを軽くおして、ケーキ部分にちょっと食い込むようにするといい感じ)
cup208.jpg

 クリームとケーキの境界部分が自然に見えるように、つまようじなどで整えます。
 (境界線をケーキ部分の粘土で埋める感じ)
cup205.jpg

14)形を修正する。
クリームをつけた後、ケーキ部分がちょっと変形している場合があるので、その時は歯ブラシやスポンジで質感をつけながら形を好みの形に整えていきます。

15)乾燥、焼き色を付け、ニスを塗ったら完成。
cup203.jpg

私はこんな感じで作りましたが、こうやって作らなきゃいけないとかきまりはないですし、私も、作り方についてはまだまだ研究中。
あくまで作り方の一例なので、型を使って、自由に楽しく作ってみて欲しいと思いま~す(*^。^*)

では、またぁ~!!



↓他のスイーツデコ関連ブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
にほんブログ村

↓他のエポキシ樹脂関連のブログを見る場合はこちらをクリック(^_-)-☆↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
にほんブログ村


*****************************
私のお店で~す\(^o^)/
型で簡単!ハンドメイド大好き応援ショップ
「Happy Future」
bana02.jpg
オリジナルシリコンの型・資材・レジンを販売してます(^_-)-☆
遊びに来てもらえたら嬉しいなぁ~(*^。^*)

bana04.jpg

*****************************


Masumi Eitaka

Facebookページも宣伝
2010/08/21(土)01:37
さて、本日2度目の更新いきまぁ~す!

今回、書籍に載せる作品、ほとんど、新しく作り直しました。
その際、苦戦したのが、ミニケーキと、カップケーキ。
あまりに最近作ってなかったもので、
どんなデザインにしてよいやら、悩みまくり・・・。

作品を作りながら新しい技も習得できるようにしたいなぁ・・・
なんて思いまして、いろいろ考えました。

で、カップケーキが、最後まで悩みました。
一つはモンブランを乗せたものを作ったのですが
もう一つをどうしようかな・・・って。
前に作ったクリームやフルーツ、ビスケットなどを乗せたものを
作ってみたものの、なんか、心ひかれなくて・・・。

作りたいカップケーキと違って・・・。
で、悩んだ末、もう一つはシリコン使わずに
ペーストしたかぼちゃを乗せてみようかな・・・なんて。

シリコンのクリームとは違ったクリームを
乗せてみようかな、なんて・・・。

で、試作品を作ってみました。

なかなかいい感じで出来そうだとわかったので
色々とアレンジして書籍用を作りました。

書籍用に作ったカップケーキは手元にないので
お披露目出来ないのですが
イメージ作りのために作った試作品は残ってたので
画像アップしますね(^_-)-☆↓
cup55.jpg
はい、かなり適当にデコってます。
だいたいの雰囲気をつかみたいだけだったので
とりあえず、クリーム作って適当にパーツを付けてみました。
とまぁ、こんな感じのクリームを作ろう!!っていうわけです。

それでは、はじめま~す\(^o^)/

粘土は軽量粘土を使います。

1. まずは乗せたいクリームの量をカップケーキに接着します。
  乗せる部分にはあらかじめボンドを塗っておきます。
cup54.jpg

2. 乗せたらつまようじの側面を使って上下に荒らします。
  たまにつまようじを側面で転がしてみるのもいい感じかも・・・。
cup53.jpg
 荒らし終わるとこんな感じになります。↓
cup57.jpg
これにいろいろとデコレーションしていきます。
シリコンクリームとはちがった、いい感じのカップケーキが出来ます(^_-)-☆
簡単なのでおためしあれです(^_-)-☆

あっ!ちなみに試作品も説明用のクリームもてんこ盛りですが
もっと形を整えて、高さも抑えて、バランス良くしてくださいね~。

あとですね、
ペーストかぼちゃを作りたい場合ですが
色の配合はこんな感じでです。↓
cup56.jpg

↑これ、私が撮影しました。
色見本は自分で撮影しなければいけなかったので・・・。
書籍ではこのような感じで色見本表を作りたいと思ってます。
抹茶やパステルピンク、チョコなどなど
自分で苦手とする色の配合にあえて挑戦して
表作り頑張りました。
みなさんのお役に立てるといいのですが・・・。
文字で説明より、こんな風に画像で見てもらった方が
イメージ湧くかなぁ・・・とか思いまして頑張ってみました。

・・・。眠くなってきましたぁ・・・。

またもや誤字、誤文がありそうな予感・・・。

でももう眠くて限界なのでまた今度~。

ショップのアドレスはこちら↓
ハンドメイド大好き応援ショップ Happy Future



2009/10/07(水)23:43
今日はこの前作ったカップケーキのパーツの紹介をしま~す。
といっても、ホント文章だけなんですけど・・・。
cup48.jpg


ツリー型の抹茶クッキー
cup50.jpg

これは100円ショップ(Seria)の
お弁当作りグッズコーナーに売ってた「デコ弁キット」
ツリー型で作成してます。
抹茶色にした軽量粘土を型抜きし、ジェッソもどきで粉砂糖をふりました。

くまちゃんクッキー
cup52.jpg
くまちゃんクッキーの表は
熱冷まシート模様入り茶色のオーブン粘土
裏は黄土色の軽量粘土を
クラフトパンチでパッチンしたものを貼り合わせてあります。
一応、チョコ付きクッキーのつもり・・・。

赤いキャンディ
cup51.jpg
赤の玉は一応、キャンディーのつもり・・・(~_~;)
これは赤の軽量粘土を丸めて
その玉に赤の絵具で着色したエポキシ系接着剤
コーティングしました。
実は現在エポキシ系接着剤でいろいろなパーツにチャレンジ中!
赤のキャンディーの作り方と同じ方法で
葡萄を作ってみました。
以前、オーブン粘土で葡萄作りましたが
まったくイケてなくて葡萄はあきらめてましたが
今回はバッチリ使えるパーツになりましたっ!
これです↓
grape02.jpg
grape01.jpg
葡萄が入ると上品な作品も作れそうですよね・・・。
作り方はあまりに簡単なので
紹介する必要ないかなぁ~とも思ったのですが
もし色の作り方とか気になる方がいらっしゃったら
葡萄の作り方だけで記事にしますね。
その方があとで検索しやすいですよね・・・。

さて、現在、リースを作るために
もっとマカロンを上手く作りたくて研究したり
欲しいパーツをどうやって作ろうかと考えたり実験したりと
地道な作業をひたすら行う毎日・・・。
なもんで、更新ネタも作品の完成品はなかなか出せないです~(>_<)
そんなわけで更新はしばらくパーツ作り中心になっちゃいそう・・・。
で、さっそく今日はちょっとだけシュガーキャンディーの
試作品を紹介。
下の画像はまだシュガーが少し粗めなのですが
すでにもっと細かいシュガーは完成しております。
かなりグラニュー糖っぽくなりましたよぉ。
candy01.jpg
シュガーの中のキャンディーの色の研究やシュガーの付け方など
研究してクオリティーの高い物が出来た時には
このシュガーキャンディーの作り方、紹介しますね(^_-)-☆
あっ!ちなみにシュガーはプラ板です・・・。
細かく切ったプラ板を焼いて、さらに細かく切ったものです。
手間はかかりますが、コスト的にはめちゃめちゃ安いです。

次も楽しみ~\(^o^)/ポチっ!
っとこれ↓押していただけたらうれしいなぁ(*^。^*)






注意事項

著作権や注意事項

このブログ内の画像・テキスト等の無断転載・ 複製は御遠慮ください(^_-)-☆ 無断じゃなきゃOK!! copyright 100kinsweetsです。 リンクは大歓迎で~す(*^。^*) リンクは許可いりませ~ん(^_-)-☆ このブログではしばしば型とり技術を紹介しております。メーカーのお菓子、キャラクターものなども・・・。でもこういった商品には著作権があります。型をとった作品など、個人で楽しむ程度にしておきましょう。販売、商業目的などで使用するのはやめましょうね(^_-)-☆

ブログランキング

ブログランキングに登録しています。もしブログを気にっていただけましたら、毎回バナーをクリックしていただけたら幸いです。

FC2Blog Ranking

ブログランキング
ブログ閲覧用目次
目次

検索フォーム

取引先関連企業

♪いつもお世話になっている素敵な会社をご紹介♪



株式会社ミナロ minaro.png
モックアップ、木型モデル加工、治具製作
テムコファイン株式会社
bana.png
ウレタン・エポキシ・シリコーン等造形素材の開発・販売
有限会社 光沢
koutaku.png
試作屋、プラスチック製品の総合プランナー
総合ホビーショップ ケイ・ホビー logo-out2.jpg

スカイホビー
sky

プロフィール

masumirai

Author:masumirai
永高真寿美(masumirai)

小学生2人の母。
2009年ブログを開始。
書籍「100円グッズスイーツデコ」 (主婦と生活社)シリーズの著者。
オリジナルシリコンモールドショップ「Happy Future」のオーナー。
2014年9月、NHK情報番組「あさイチ」に出演。

詳しいプロフィールはこちら

Facebook
ショップ案内

ハンドメイド大好き応援ショップ Happy Future

手作り大好き!応援ショップHappy Future

私のお店です(#^.^#) 手作りのオリジナルシリコンの型やアクセサリー資材、レジンなどを販売しております(^_-)-☆遊びに来てね(*^。^*)

オフィシャルページ

bana06.jpg

永高真寿美(masumirai)の公式ホームページです(^_-)-☆

書籍紹介

ブログが本になりました!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

FC2カウンター

 | 100円グッズ活用スイーツデコTOPへ |  Next
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
まとめ